【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。 イメージ画像

子育てで大事にしていること

実はこう見えてっていうか、どう見えているかわからないけど、すっごい人見知りなんです。 人と話すのってすっごい勇気がいる派。 保育園のお母さんたちに何を話しかけていいのかわからないくらい。 なので、お友だちも少ないんです。 そんな私は、話題の音声SNSクラブハウ
『成功を前提としないチャレンジができる子どもの偉大さを、私はどうつぶさないか。』の画像

実家で夕食を食べた先日のこと。 突然、父が怒って、父の近くでミニカーで遊んでいた三女に言いました。 「うるさい!もぅそれやめて!」 ずっと遊んでいたのに、あまりに突然のことに、三女は明らかに萎縮していました。 私も、よく状況がわからない。 三女に「こっちに
『理不尽な老人とうるさい6歳と「クソババア」』の画像

ここさんのコーヒー屋さんのために、コーヒー農園を訪ねたのには、もう一つ大事にしてることがあります。  > http://takashima.blog.jp/archives/54991040.html それは、「彼女のために」そこにいくということ。 そして、それを行く前に説明する。 私のために親がしてく
『子育ては、バランスよくちゃんとエコひいきすること。』の画像

ついに2袋目が終わった次女ここさんのCOCOコーヒー屋。 そもそも、私だって、正確に知りません。  コーヒーって何からできているの?  どうやって作っているの? そこで、 ちょっと前に、収穫体験ができるコーヒー農園を訪ねました。 魚は切り身で泳いでいないってこと
『子育ては学びのプロデュース。ここコーヒー、又吉コーヒー農園を体験する。収穫から焙煎まで奇跡の2時間半。』の画像

私たちは、まだ子育てを始めて10年。 子育てがうまくいっているのかは、よくわかりません。 日々日々、模索。 子どもが成長すれば、また模索。 子育てのゴールなんて、きっとない。 そんな模索な子育てにもコンセプトがあります。 それは、「当事者意識」が育つこと。
『子育てのコンセプトは「当事者意識」と「応援団」』の画像

我が家にはお小遣いのルールがあります。 1 週の基本給を定める。 2 以下の2点の出来具合を週1回報告プレゼンし、それによって金額が変動する。  (1) 自分のことは自分でする。  (2) お手伝いなどで家族の役に立ったか、わがままとかで困らせたか そう、 基
『「おこづかい」は最高のモチベーションツール。おこづかいをツールにする2つルール。』の画像

次女の「朝が苦手」問題。  >>http://takashima.blog.jp/archives/54962799.html この問題は、朝に起きられないと、学校に定時に登校できないこと。 間に合わない日がちょこちょこある。 「通学団の出発に間に合う」がミッション?! そこで、小1の時、 なんとか7時ま
『朝、子どもが「うるさい!」と機嫌が悪化して、学校に間に合わない。その時、親はどうすべきか?』の画像

小2の次女は、本当に朝が苦手だと思う。 私は彼女をみながら、「朝が苦手」というのは怠惰というよりも、「朝が苦手」って言う体質の人が本当にいるんだと本気で感じてる。 朝が起きられない原因と解決法を探る 小一に入る手前の年長さんくらいかな。 私、次女が朝が起きれ
『なぜ朝が苦手なのか?それは体質かもしれない?!』の画像

臨時休校も開けて、順調に学校に通っている娘たちです。 学年が上がって、なんでしょうね、二人ともちょっと学年が上がった雰囲気を醸し出しています。 立場が人を作る。まさに。 我が家の就寝時間 就寝時間で言うと、ずっと3人まとめて21時だったのです。 でも、次女が年
『小学4年生は何時に寝る?騒動』の画像

「先生に褒められたよ」 帰宅早々、小学校1年生の次女が、嬉しそうに見せてくれた作文。 彼女は、発見できることが素晴らしいっていう発見をしたそうです。 次女の発見、とても素敵。 そして、それを気づかせてくれた先生って本当に素晴らしい。 先生が、日々宿題として
『小学校1年生の偉大な発見「発見はすごい」!』の画像

終業式だった二人の娘。 と言うことで、 長期休みは、まずは計画を立てるところから。 冬休みの行事を確認して、 宿題の全体感を確認し、計画表に落とし込む。 同時に話をするのに、計画の立て方は違う。 性格が出て面白い。 コツコツやるタイプと、ガサッと終わらせよう
『長期休暇は計画立てから!私の冬休みの役目はもうおしまい。』の画像

次女1年生。 小学校からほぼ毎日出される宿題が「みたこと作文」「発見作文」。 1学期終わりくらいから始まり、今に至ります。 彼女は毎日、何かを見つけては、書いている。 彼女は出来るだけ長く。 そして、1つだけでなく、できれば複数、書いている。 これがとても楽しい
『小1の宿題「見たこと作文」、興味があふれる魔法のツール。』の画像

子どもに、 なぜダメなのか? どうするといいのか? かなりのパワーを使って、 長々と話す癖があります、私。 理解してもらおうと必死だったんです。 でも、最近ふと思ったんです。 これ、もしかして、 理解されていないんじゃない?! そこで、 なんでダメだったのか
『親の話は長い。子どもには伝わらない。』の画像

子育てって、「壁」だらけ。 壁を越えると、すぐに次の壁がやってくる。 私にやってきている次なる壁は、 「9歳の壁」。 9歳に壁の名前がある衝撃。 「9歳の壁」は、 抽象的思考や客観視する力が育つことが要因のようです。 私の場合は、ちょっとそこじゃない気がする
『「9歳の壁」と、眉毛半分事件』の画像

娘たちの宿題やテストを眺めていて、思います。  あっ、  ここが苦手なんだな。 大原則は、 できないことができるようになることが大事。 だから、 宿題で出ている箇所ができないなら、 ぜひ取り組んでもらいたい!!   ↑   私の強い願望。 でも、 大人も子ど
『「ゲーム」 × 「ニンジン」 子どものモチベーションを上げる方法』の画像

先日、 次女6歳が習字教室の宿題をやっていないことに気づき、 大慌てでやっていました。 とにかく、殴り書く!!! 習字なのに、 とにかく、殴り書く!!!!! えっ?! そりゃないでしょ・・・。 それ、 なんの意味もないんじゃない? 手段がゴールになっている。
『殴り書きもOK ?! 宿題の「ゴール」と親の役割』の画像

私  今日は宿題をやる?やらない? 娘  やる。 私  はーい。じゃあ、いつやるの? 娘  あとで。 私  あと何分?何時から? 娘  あと10分後から! 家に帰った時の、 私と子どもたちのやりとり。 私が大事にしているのは、 やるのか、やらないのかは、自分たち
『「今日、宿題はやる?やらない?」』の画像

夕方、 保育園に娘をお迎えに行く。 子どもたちは、 遊んでいたおもちゃを片づけて、玄関に出てくる。 そして、 シューズと靴を履きかえる。 いつものお迎えルーティン。 気長か?せっかちか?! ちょうど、長女が 2歳くらいの頃だったでしょうか。 娘が靴を履いていると
『充実感と自信を作る子育て[せっかちでも子どもペース]』の画像

先日、OKa-Bizでお越しになった事業者さんに、「キャッシュレスは本当にしたほうがいいんですか?」 と質問されました。 キャッシュレス導入について、熱弁しました(熱弁は言い過ぎ。)。 おままごとは、家庭をあらわす 家に帰ると、娘たちがおままごと。 長女 ちょっ
『PayPayと領収書。 [ 聞く、気づく、真似る、育つ ]』の画像

↑このページのトップヘ