コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

中小企業支援に必要な事

先日の東海若手起業塾からもう一つ。 支援者の覚悟 イベントの最後に、 ケアセンターやわらぎの石川治江さんのコメントにグッと感じ入りました。   メンターは厳しいと言われて、嫌われることもある。   (私たちメンターは、)言いたいことを言うから。   でも、そ

先週日曜日。 久しぶりに日曜の仕事。 東海若手起業塾10周年のイベントに参加でした。 10年か、とシミジミ。 そして、起業塾はとても久しぶり。 そして、そして、 起業塾のイベントで、たぶん初めて、 自分のことを話す機会をいただきましたw なんだかこそばゆい感じ、 緊張
『身の回りのどんな商品やサービスにも必ず◯◯がある。 〜東海若手起業塾10周年イベントに参加して〜』の画像

中小企業支援・創業支援をしていると、 私は特に女性だからか、女性のお話を聞くことも多いです。 主婦で起業する人に対して、 「起業は、女の遊びじゃない」とか、 「旦那の稼ぎがあるからやれるんだ」とか、 「別に儲ける気ないんでしょ」とか、 実際に支援する側の方がそ

子どもと一緒に生活をすることで、学ぶことも多い毎日です。 時代の変化を感じることもしばしば。 子どもの歯医者デー 1ヶ月から1ヶ月半に一度、予防のためのお掃除と健診。 3歳半でも上手にやります。 先生によると、 ポイントは、何をされるか理解できて、キレイでスッ
『ビクビクよりもワクワクが人を動かす。北風から太陽の時代へ。』の画像

今日はナチュラル・コーチの若林さんと、中小企業整備基盤機構さんが主催する「地域創業支援シンポジウムin東海」で、パネルディスカッション。  > ナチュラル・コーチ http://ameblo.jp/coach-natural/ モデレーターも仰せつかり、拙い進行でしたが、起業家の皆さんの
『起業支援のポイントは、起業支援に特化しないこと。だって売上上げてナンボでしょ?!って思うんです。』の画像

今日は、私にとって背筋を正す事件がありました。 OKa-Biz開設当時にご相談に応じたことがある事業者さんについて、ブログなどを活用した情報発信について、またOKa-Bizをご利用いただいていることを知りました。 おっ、ありがたいなー!! と思うと同時に、 当時も同様の
『やる気のない事業者はいない。支援側に課題があるだけ。』の画像

今日もガッツリOKa-Bizですー。 今日のご相談、半数以上が農家さんだったんです。 農業だって、物を売るんだからビジネス。 OKa-Bizは、農業者さんのチャレンジも応援しています!! 「若い人の食卓にも自然薯を!!」 最後にお越しいただいたのは、自然薯を作っていらっし
『時代が変われば、商品・売り方も変わる!OKa-Bizは農家さんのチャレンジも全力応援していますー。』の画像

もうすぐ桃の節句。 桃の節句と言えば、「いがまんじゅう」。 これ、実は、西三河の一部だけの習慣なんですね。 ある日、市外の友人に指摘され、調べて初めて知りました。 それまでお雛祭りには日本中、みんな、いがまんじゅうを食べてると思ってたのに。。。 例えば同様の
『桃の節句菓子「いがまんじゅう」から学ぶ、他を知ることで自分を知れるということ』の画像

一番上の娘が「10」を反対から数えられるようになったのです。 すると問われたのです。 「1」から順番に数える時は「1」から始まるのに、「10」から逆に数えるときは最後は「0」で終わる。 なぜ「1」で終わらないのか? なるほど、確かに!! これは衝撃的! そして、娘の
『「当たり前」じゃない視点でモノゴトを見る』の画像

1年ほど前でしょうか、 本間正人さんのセミナーに参加した際、反応には、3つあると言うお話がありました。  反対  賛成  共感  > 本間正人さん     http://www.learnology.co.jp/results/profile/ 当時はわかったようで、でも実はちゃんと理解できていなかった
『アナタに必要とされているのは「賛成」か?「共感」か?』の画像

↑このページのトップヘ