子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。地方中小企業における女性活躍の現場も数多く見てきています。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。舞日、舞進です。

子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

シゴトの仕方

実は、 家族とかの肩を揉んであげると、 上手いね〜とよく言われるわけです。 特に勉強したわけでもなく、 ツボを知っているかというと、 あまりそうでもない。 だから、誰にだってできるはず。 と、私は思うけど、どうも違うみたい。 私の凝りのひどいパートナーは、 「時

その道のプロと、話すのはおもしろいなーと思うんです。 共有点がたくさんある。 そう、身近なところにプロはたくさんいる。 プロを見つけると、いろいろ聞いてみます。 先日、私、ショートカットにしたわけです。 女性がショートカットにできるかは、 その人が「エイヤー

先日、愛知県副知事の堀井さん、桜運輸の細江さん、そして飯田樹脂の山川さんをお招きして、シンポジウムを行いました。 テーマは「人材不足を解消して、売上を上げるコツ」。 労働人口が減少する中で、どう人材不足に打ち勝つのか。 女性をはじめ、これまで活かされていな
『女性の活躍推進は、誰もが活躍できる会社になることで売上が上がるウハウハ話/愛知県副知事とシンポジウム開催』の画像

ハロウィン市場がグッと伸びています。 久しぶりにコメダに行ったら、コメダも、ハロウィン!!! そんな時、 「もうみんなやってるからさ、やらない」 って、おっしゃる商店さんがいらっしゃいました。 しかし、 みんなやってるから、やらないのか? みんなやってるから
『商機を掴むために、時代の流れをとらえるか?OKa-Bizもハロウィンにしっかり乗ります!』の画像

先日、たまたま深夜まで、 母と話をしていて思い出したことがあります。 大学1年生、どまつりを始めたばかりの頃、 名刺を作ってもらって、名刺の扱いに困った私は、 父親に名刺の出し方を聞きました。 渡し方を丁寧に教えてくれた父。 そして、 父が最後に一言。 僕が教

いやね、数日前から, 人生の価値観とか、働き方や幸福感、本当の意味での裕福さって、 いや、上手くまとめられないんですけど、実感値として変わってきているなーと悶々と感じていまして。 で、 今日、イケダハヤトさんのブログを見て、ん〜やっぱりなって。 まとまらないの
『現代人が幸せだと感じる価値観は?より成功することか?家族との時間の充実か?選択できる社会にいるという事』の画像

3人目が産まれ、すぐに仕事を再開。 その後、半年を待たずに、OKa-Bizに復帰したのは、1年ちょっと前。 半年経たない子でも確かに保育園は預かってくれます。 が、夕方になると先生の数も減るため、クラスの統合などもあり、なかなか遅くまでは預かってもらいづらいのが現状

子どもと一緒に生活をすることで、学ぶことも多い毎日です。 時代の変化を感じることもしばしば。 子どもの歯医者デー 1ヶ月から1ヶ月半に一度、予防のためのお掃除と健診。 3歳半でも上手にやります。 先生によると、 ポイントは、何をされるか理解できて、キレイでスッ
『ビクビクよりもワクワクが人を動かす。北風から太陽の時代へ。』の画像

今日、 「成功事例を真似ようと思うと、うまくいかないのでは?」 そんな話をしていました。 真の課題が見えているか? 成功したことを、ほぼ丸パクリする。 同じような状況下にあって、同様な手法を使えば、論理からすると、成功しそう。 だけど、成功しない。 なぜか?

さて、本日、愛知県立大学の学食で「イワシの蒲焼丼」を頼んだら、「イワシフライの蒲焼味」が出てきて、驚きました w(・o・)w 今年も、愛知県立大学での集中講義3日間を無事に終えました。 ( ↓ ちなみに、美味しかったですよ、これ。) ダイバーシティ研究所・田
『課題は目の前にある。当事者意識を持てるのか?/愛知県立大学集中講義を通じて』の画像

そうそう、先日のご取材。 事前にアンケートを記入してください。 冒頭、 「この仕事に就いた経緯は、このプロフィールのここら辺りを抜粋したら、いいですかね?」 え〜〜〜〜〜〜?!! なんでしょう、記事確認?みたいな。 こなしてる感満載。 あー、たくさん記事溜まっ
『仕事が楽しすぎて、ワクワクしちゃう人は、●●になれる!?〜作業か仕事かで、格段に差が開く〜』の画像

ここ最近、タイミングを逸しているタカシマです。 さて、今日のOKa-Bizは、f-Biz小出さんにお越しをいただきました。 全てのことに意味を問うことは、「どう生きたいか?」につながっている 小出さんとの雑談。 現在f-Bizに来ている研修生の皆さんに、小出さんはよくおっし
『全てに意味を問うことが「どう生きるのか?」に繋がる』の画像

さて、年末は、マンマ・マーマさんの取材や東海財務局・総務部長さんからのヒアリング、そしてある団体の女性活躍に向けた部会さんからのご相談もありました。 どれも、女性の社会進出や女性活躍とかの文脈。  >マンマ・マーマ http://mamma-mama.com/ そうなんです。 最

子育てをしていると、子どもやそして子どもへの本から学ぶことがたくさんあります。 その一つ、 最近手にして大切なことだなーと感じた一冊。 ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋) [単行本] 思っているなら、口にしなければだめだ。 伝わっていると思
『「ずーっとずっとだいすきだよ」から学ぶ、言葉に表す大切さ。』の画像

そう、シンプルに考えるというのは、こんなところにも。 複雑化すると話しが見えなくなる ブログを書いていると、 そのテーマならってあれも、これも。。。 なんて、よくあります。 そんな風に複雑になっていくと、なかなかまとまらまくて・・・ で、時間がかかって。 で、

事業者さんの相談に乗っていると、よく言われるんです、 「社員のモチベーションをあげるにはどうしたらいい?」 「社員教育ってどうしたらいい?」 って。 低いレベルの仕事は部下の仕事? 先日、あるコンサルタントが言っていた言葉が非常に気になりました。 「低いレベ

活発になった次女 ある方と雑談。  次女はとっても引っ込み思案で、とても一人で行動したり出来る子じゃなかったんだよね。  中学に入り、入部した部活が同級生2人だけ。  で、当然3年になるとどちらかがキャプテンをするわけで。  結局、次女がキャプテンに。  どうな

私、NHKの「プロフェッショナル」、好きです。 http://www.nhk.or.jp/professional/ 最近、すごーーーくマニアックな方々を取り上げているんです。 よく見つけてきたなぁーってほど。 それがまたいい。 クレーンを操作する人や、鉄を曲げる人とか。 先週は八百屋さんで、今
『「仕事」を極めた先にあるプロフェッショナル』の画像

昨日、OKa-Bizデーです。 昨日の新規のお客様。 「来てよかったです!明るい方向性が見えました!」って笑顔で帰って頂きましたー。 こちらもガッツポーズ。お役に立てて、ほんと嬉しいです! 事業者さんの大切な一時間。有意義な時間になるよう、お役に立てるように、全力で
『f-Biz小出氏に学ぶ!中小企業の売り上げアップ支援にますます磨きをかける!』の画像

私が公的産業支援の世界、中小企業支援の世界に入るきっかけを頂いたのは、富士市産業支援センターf-Bizセンター長の小出さんに、9年前に弟子入りさせていただいたことでした。 当時、小出さんへの弟子入りした際、また今でも同席をさせていただく時に、大切にしている事が

1年ほど前でしょうか、 本間正人さんのセミナーに参加した際、反応には、3つあると言うお話がありました。  反対  賛成  共感  > 本間正人さん     http://www.learnology.co.jp/results/profile/ 当時はわかったようで、でも実はちゃんと理解できていなかった
『アナタに必要とされているのは「賛成」か?「共感」か?』の画像

↑このページのトップヘ