コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

女性活躍について思うこと/ワークライフバランス

今日はと〜〜〜っても寒い。 子どもたちにコートはいらないのか?と確認をしていたら、私がコートを忘れました・・・。よくある、よくある。 さて、今日のOKa-Bizは、お昼時間がないくらい、ギューっと詰まった日でした。 さてさて、そして、 日経DUALさんにインタビュー記
『日経DUAL「デュアラーの生きる道」/子育ても仕事も欲張りましょ!!』の画像

じゃあ、1億総活躍に向けて、指導的地位に占める女性の割合を30%と、数値目標を持つことが必要なのか?有効なのか? いや、ここ最近、 数を増やしたら解決できることがあるのか? 数を増やしても変わらないのか? 意識を変えなきゃダメだ!どうするんだ? な〜んて、話題

第3次安倍改造内閣、女性閣僚は19人中3人。約16%。 ちなみに、安倍政権が成長戦略の重点として掲げる女性の積極的登用。 2020年までの目標として、日本の女性管理職の割合を30%にするとしています。 さて、どう見るか? ちなみに、我が誕生日8月28日に、「女性活躍推進法

「まさに、ちびっこギャングだね」と、言葉と体力でぶつかってくる我が子たちを見て、母が一言。 ちなみに、「ちびっこギャング」って、1980年代に活躍したお笑いコンビの名前なんですね・・・ ^^; そんなギャングたちの毎日は、楽しくもあり、エキサイティングでもあり
『育児を楽しく乗り越えるポイントは、「共感」。母の孤独な葛藤が一言に救われる。』の画像

ダイバーシティモードの高嶋です 笑 単に新しい言葉を覚えたての子どもみたいです^ ^ 一昨日のNHK「ニッポンのジレンマ」、たくさんの反響を頂きました。 本当にありがとうございました! 実力ある出演の皆さんの中で、私自身、とっても学び深かったです。 そして、前提を

※ 女性の起業シリーズ第2弾 ※ 女性の起業家が少ない。 女性の起業家を増やしたいんですって、話を良く伺います。 私にとっても、考える機会をいただいていますー。 自分が東海地域の女性起業家として、 そして、起業家をサポートする立場として、 私なりの考えをまと

私ね、子育ていて、仕事しづらい、生きづらいって感じること、ないとは言わないけど、そんなに苦痛じゃないんですよね。 まあ、5年もやっている中で、これが当たり前になってきたということなのかもしれませんが。 それは、一つに、私が自営業をしてきたから。 私は、こん
『【起業するメリット・デメリット】起業すると子どもが保育園に入れない?』の画像

おととい、三女の10ヶ月検診だったんですが、想定外の混みよう。 どうしても外せない打ち合わせを夕方に入れていたため、途中でタイムアウト。 とほほー。。。内科検診を残して、退散です。 来月、総合病院で経過観察の診察を受けるので許して〜!と頭を下げつつ、その場を後
『現在の日本の女性代表「チャック女子」は、多様性溢れる日本を救うのか?!』の画像

9ー10日の日程で、三女あすを連れて、東京出張でしたー。 9日は、Webメディアの取材。 10日は、子育てしながら働くを可能にする「RYOZAN PARK こそだてビレッジ」の視察。 午後は、f-Biz小出さんにお引き立ていただき中小企業庁へ。 あすもいるので、余裕もって。 しかし
『「子育て」+「働く」を可能にする「こそだてビレッジ」。社会が動く→出産するなら起業しよう!!』の画像

昨日は三女を連れて、「あいち・ウーマノミクス研究会」に参加をしました。 > http://www.pref.aichi.jp/0000083707.html 知事の発案で立ち上げられた研究会だそうで、一時間みっちり、知事もご出席されました。 今日の日経新聞「中部女性」にも掲載いただいていました
『愛知県・流出過多な若年女性にどんなメッセージを伝えるのか?「あいち・ウーマノミクス研究会」』の画像

働くならバリキャリで結果出すと言う選択肢 先日、ある方に言われました。 「霞ヶ関で働く女性は、一人しか生まないって人もいる。  母乳ではなく復帰を見据えてミルク育児をするっている人もいる。  どう思う?」 私は霞が関にいるわけではないため、真相はわかりません
『諦めずにトコトン欲張る?!バリキャリじゃなくても諦めない働き方を目指して。』の画像

ちょっと前、確か日経MJに載っていた、オフィスに搾乳室を備える企業が増えているという話題。 声を上げる女性がいること。 そして、ちゃんとその声を拾ってくれる企業さんがあること。 とっても感動したんですー。 育休復帰は母側の課題も。 そうなんですよね。 女性の産
『ワーキングマザーのコッソリを解消?!搾乳室を備えたオフィス。』の画像

大変プライベートなネタ続き w 今月発売の「AERA with Baby」6月号の帝王切開特集に、体験談を掲載いただきましたー。 アエラベビーって、母親に寄り添った記事が多く、愛読しています。 帝王切開に引け目を感じると言う現実 体験談のインタビューを受けて驚いた事は、
『アエラベビーに「帝王切開」の体験談が載りました!』の画像

三女・あすも5ヶ月を迎え、今年度から保育園です。 保育園で一番小さな園児。 親も子どもも神経質 「あすちゃんは、ずっと寝てるんですけど!!」 と、保育士さんを心配させるほど、保育園でも安定の眠りです。 保育士さんがふと、 一人目さんの時は大変でした、って、ぼ
『三女は一番小さな園児へ。一瞬一瞬を大切に過ごすスタイルで。』の画像

子育てをしていると、子どもたちに対して、毎日、毎日、何度も何度も同じことを言っています。 ティッシュで遊んじゃっだめだよ。 叩いちゃだめよ。 「貸して」って言うんだよ。 トイレ教えてね。 ご飯、一生懸命食べようね。 早くパジャマ着ようね。 前を向いて食べましょ
『ビリギャル著者・坪田さんが教えてくれた魔法の「532回」』の画像

先日、仕事バリバリしたい二十代が、子育て中の同僚男性について、話してました。 「子どもができてから、ミーティングを夕方以降に入れると怒らる。  そんなこと知らんわ!ミーティングのが大事だ!  昔はいつだってミーティングを入れられたのにかなわん。」 ・・・と。
『バリキャリ20代に子育て生活は理解できない』の画像

そう! 子どもが3人に増え、てんやわんやの私を助けてくれているのは、旦那さん。 どういう役割分担で、どういう子育てのスタイルをとるのか。 これは、そもそも個人の、そしてそれぞれの夫婦での考え方があるから、どれが良くて、どれが悪いとかはないと思う。 どれも良い

一ヶ月半の三女あすは、スクスク成長。 小さく生まれたことを挽回するかのように育っています。 新生児服もちょうど良い感じ!! 子どもが1.5倍で、大変さも1.5倍!! 2人目を生んで、子育てが始まった時のこと。 先輩方がおっしゃっていたように、 「2人に増えたからと言
『子どもが2人→3人で、子育ての大変さは1.5倍!!』の画像

産後40日が過ぎました。 自宅に戻って10日。 産後の準備なしでの1ヶ月の入院のせいもあり、ようやく三女を迎えた新生活の片付けが一段落。 家事や育児との新しい生活リズムがなんとなくできつつあるような、まだまだ慣れない生活です。 あっという間のルーチンな一日 新生
『産後一ヶ月から始まる「孤育て」』の画像

娘たちが実家生活の中でお世話になった保育園、たげんごさんが運営する「クローバーインターナショナル」。 短期間かつ急遽とあって、どこも受け手がなかった中で、娘たちを快く預かってくれました。 http://www.cloverkids.jp/index.asp 週3日お願いしたので、通ったのは
『岡崎クローバーインターナショナルでの一ヶ月半。大切なのは外国語コンプレックスにさせないこと。』の画像

私は、約5年前に自分が妊娠し、切迫早産になるまで、知らなかったんです。 こんなにも、妊娠し、出産することが、難しい、奇跡だってこと。 疎いというか、単に常識がないと反省です。 みんな、簡単に授かるし、無事に産めると思ってました。 「妊娠は病気じゃないんだから

4年半前、上の娘を産む時、切迫早産で3ヶ月入院しました。 「前回に比べて、今回は明るい入院だね」と旦那さんも言うくらい。 前回と今回の入院は、私にとって全く違う感覚があります。 なんでかなぁ。 端的に言うと、 当時見えないかったものが、今は見える。 ということ

一人でランチですー (*´∇`*) ちょっとオシャレなイタリアンで。 美味しかった〜。 飲むように食事をとる子どもとの4年間の食卓 子育てが始まって、まるっと4年。 二人の子どもと食卓を囲う日々。 でも、この4年間、 自分でご飯を作っても、 外にご飯を食べに行って
『子育て中のキーーーっ(`ε´)を撃退!!プチプラランチのススメ』の画像

今週、夏休みを利用して3泊4日の家族旅行でした。 昨年秋からOKa-Bizの仕事が始まり、私も旦那さんも働く曜日が固定されたことから、年に2,3回と限られた長期休暇。 長期休暇を利用して、遠出をすることがここ最近の家族の楽しみなのです。 小さな子連れ旅行の葛藤 旅行に
『「旅行」を通じて一緒に過ごす時間が「家族」を育てる』の画像

サッカーのことは、ルールもよくわかっていないくらいですが、頑張る日本を応援したいとワールドカップを観戦をしてました。 後半、キャプテン長谷部が抜けると、すっかりチームが変わったかのように、攻めの雰囲気がグダグダっと押され気味になったことがよくわかりました。
『注目の「イクボス」問われる管理職の変化【NHKクローズアップ現代をみて】』の画像

一昨日は日帰り出張・仙台でした。 「せっかくだから、泊まってこれば?」とんぼ返りは辛いだろうと、身体を気遣って、子どもを預かってくれている母もそう言ってくれました。 昨日から旦那さんも東京出張。そうか、東京で落ち合うって手もあったかな。 そんなことも頭をよぎ
『仕事と子育ての両立で大切にしたい5つの事』の画像

働き方って枠を外すと、本当にお互いにいろんな可能性がある。 自分が出産して、働いてみて、そして特にここ1年、子育て中の女性たちと働いてみて感じています。 今期の東海若手起業塾の事務局を支えてくれているのは、森さんと荻野さん。 仕事も子育ても、どっちも取る
『「子育てしながら働く」どちらも大切にするという生き方』の画像

↑このページのトップヘ