コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

女性活躍について思うこと/ワークライフバランス

子育てって、「壁」だらけ。 壁を越えると、すぐに次の壁がやってくる。 私にやってきている次なる壁は、 「9歳の壁」。 9歳に壁の名前がある衝撃。 「9歳の壁」は、 抽象的思考や客観視する力が育つことが要因のようです。 私の場合は、ちょっとそこじゃない気がする
『「9歳の壁」と、眉毛半分事件』の画像

つい最近、教育虐待に関するある記事を見かけました。  親がやればよかったと思っていることを、  良かれと思って、子どもにやらせていませんか?  やればよかったと思っているなら、  子どもにやらせずに、自分がやればいい。 的な記事。 「親であるあなたがやれ。
『私のコンプレックス、克服するのは私?子ども?』の画像

4歳のあす、運動会でした。 あすは、 家ではギャングというよりも超暴れん坊、 外では超絶シャイな4歳。 三女として、 なんとか姉たちに立ち向かおうと、 主張を通そうとすると、言葉よりも手が先に出てしまったり、 または、 とにかく聞く耳持たずに、自分を表現してみた
『自由さいっぱい&型にはまる4歳のチャレンジ2ヶ月半の日々 〜良いところを潰さない子育ての模索〜』の画像

娘たちの宿題やテストを眺めていて、思います。  あっ、  ここが苦手なんだな。 大原則は、 できないことができるようになることが大事。 だから、 宿題で出ている箇所ができないなら、 ぜひ取り組んでもらいたい!!   ↑   私の強い願望。 でも、 大人も子ど
『「ゲーム」 × 「ニンジン」 子どものモチベーションを上げる方法』の画像

先日、 次女6歳が習字教室の宿題をやっていないことに気づき、 大慌てでやっていました。 とにかく、殴り書く!!! 習字なのに、 とにかく、殴り書く!!!!! えっ?! そりゃないでしょ・・・。 それ、 なんの意味もないんじゃない? 手段がゴールになっている。
『殴り書きもOK ?! 宿題の「ゴール」と親の役割』の画像

私  今日は宿題をやる?やらない? 娘  やる。 私  はーい。じゃあ、いつやるの? 娘  あとで。 私  あと何分?何時から? 娘  あと10分後から! 家に帰った時の、 私と子どもたちのやりとり。 私が大事にしているのは、 やるのか、やらないのかは、自分たち
『「今日、宿題はやる?やらない?」』の画像

夕方、 保育園に娘をお迎えに行く。 子どもたちは、 遊んでいたおもちゃを片づけて、玄関に出てくる。 そして、 シューズと靴を履きかえる。 いつものお迎えルーティン。 気長か?せっかちか?! ちょうど、長女が 2歳くらいの頃だったでしょうか。 娘が靴を履いていると
『充実感と自信を作る子育て[せっかちでも子どもペース]』の画像

先日、OKa-Bizでお越しになった事業者さんに、「キャッシュレスは本当にしたほうがいいんですか?」 と質問されました。 キャッシュレス導入について、熱弁しました(熱弁は言い過ぎ。)。 おままごとは、家庭をあらわす 家に帰ると、娘たちがおままごと。 長女 ちょっ
『PayPayと領収書。 [ 聞く、気づく、真似る、育つ ]』の画像

次女は、4月から小学校1年生。 そう、私には、 2度目の「小学校1年生の壁」がやってきています。 2度目は1度目とずいぶん違う 働く親にとって、 仕事と子育ての両立ができるのか不安になってしまう「小1の壁」。 長女の時は、戦々恐々としていました。 >> 1度目
『2度目の「小1の壁」で実感、イメージできることの心強さ。』の画像

毎朝、 私たちは修羅場に立っています。 私 今日は食パンだよ。 子 え〜!じゃあ焼いてバター。 私 どうやって食べる?   切る?1枚? 子 ん〜、こう切って、こう切って。 私 こう、って、どうよ? 子 だから、こうやって、切って。こうやって切って。(ジェスチャ
『子育ての修羅場が「具体化力のプロ」を育てる【トーストのレシピ作れますか?】』の画像

ういの本が出て 先日ツイッターで「しょうがっこうがだいすき」をちょっと検索しました。 ありがたいことに、とても好意的にコメントしていただいている方もいて、本当に本当に感謝です。 一方で、否定的な方もいました。 もちろん賛否両論あるのは、ごく当たり前のこと。 ま
『「しょうがっこうがだいすき」じゃなくていい。子どもはとても柔軟で、多様性に溢れてる。』の画像

3月2日の日経新聞朝刊に載っていた記事。 自営業者やフリーランスで働く人らが加入する国民年金では、・・・ 16年12月に成立した年金改革法で、こうした第1号被保険者の女性が出産する際に産前産後の保険料を全額免除する仕組みが加わった。4月から実施する。 通常の免除期
『日本は女性を起業させない仕組みばかり?! 変わり始める第一歩の制度改革がいよいよ!』の画像

簡潔に書けないのかと思いながら、 今日も、 ちょっと長々と書いちゃいました。 笑 ーーー ちょっと前のこと。 3人の娘たちを母と伯母に預けた時、 ある子育て中の人から、 8歳児に対しての、突然の感想のライン。 「あれだとお母さんも伯母さんも、もう年だから、怪我
『子育ては「迷惑」という正義感。女はいつも「仕事」と「子育て」の天秤にかけさせられる。』の画像

先日、 「なんで、ブログで子育てのことを書くのか?」 と、問われましたよ。 その時は、 うまくいえなかったんだけどね。 上手くいっているところだけを切り取る毎日 SNSはキラキラすぎるんですよね。 みんな幸せなことを載せたい。 みんな辛いことはあまり言わない。
『なぜ、私は「子育て」のことをブログ記事に書き続けるのか?』の画像

政府の子連れ出勤推進のニュースが話題になってますね️。 私はというと、 私は、 子連れ出勤・会議は、政府が後押しすることには、反対です。 それは、 実質的に子育てをしたことがある方、 子連れ出勤をしたことがある方が施策を作らないから。 現場を見て、声を聞いても
『政府の「子連れ出勤・子連れ会議」推進には、経験者だからこそ反対!』の画像

今、とても悩ましくて、 今年、真剣に悩むのは、放課後児童クラブのこと。 政府「40人に一人」政策方針 昨年末に政府の方針が決まる中で、 1〜6年生までの40人が狭い場所で一人の監視員の元で過ごすことになるかもしれない。 基準の事実上の撤廃により、学童保育の運営は
『[今年の私のテーマ]放課後児童クラブは、職員1人 対 子ども40人?! どうする、私!!』の画像

話題な西武・そうごうの元旦広告。 いろんな意見を読みながら、 男性には比較的好意的で、 女性には比較的モヤモヤしてる人が多いのかもしれないと見てました。 総論は賛成のはず 総論は賛成。 女性なんてもてはやされる時代は、真の女性も活躍できる社会じゃない。 もては
『西武・そごう元旦広告にモヤモヤ。メッセージは同じ駒崎さんと賞賛と炎上分けた「共感力」。』の画像

「嫌われる勇気」を備えたいタカシマです w ちょっと前のこと、 思い切って、 「学校のエプロンへのアイロンがけ」についてSNSに投稿。 めっちゃ賛否両論!! 私、思いやりがなかったなーと、 今更ながら、猛反省。 しかしね、いろんな気づきがありました。 いいねぇ!
『給食エプロンにアイロンをかけない=「思いやりがない」レッテル!?「丁寧な暮らし」理想のお母さん像はもう古い。【主婦の働き方革命】』の画像

今日は、娘のマラソン大会。 1時間目とあって、応援へ。 1周目、なかなか早い。 2周目、遅れる。横っ腹が痛そう。 3周目、だいぶ後ろ。。。 目標の順位は達成。 でも、彼女の走りを見ながら、 ああ、 彼女は本当はもうちょっと走れるなー、と思う。 マラソンが嫌いに
『小2のマラソン大会、「根性」の強要がマラソン嫌いを増やす?!マラソンは科学!?』の画像

先日、話をしていると、小学校の話題に。 岡崎市も安城市も、 こんなに男女平等が叫ばれているのに、 いまだに、 いまだに、 出席番号は、男子が先、女子が後で、50音順!!!! なに〜ぃ、 この時代遅れ感!!!!!! 愛知県の中でも、自治体や学校によって、 差はある
『女性が就職したくない街 1位・愛知の課題は教育。教育委員会は即刻LGBT研修導入を。まず教育現場が不必要な男女区別をやめて!』の画像

先月、次女が6歳! そして、 先日、三女が4歳!! 娘たちは、みんな、すくすくと成長中。 おめでとう、6歳! 次女ここちゃんは、絶賛、反抗期。 もぅ一日中、寝ても起きても、ぷりぷりプンプンしてます。 夢見ながらも怒ってる 笑 でも、本当はめっちゃ優しい。 今
『次女が6歳、三女が4歳に!!OKa-Bizとあゆむ次女、三女の歴史!』の画像

今日から、長女・小学二年生は小学校開始!! ということで、 一昨日は、大詰め!自由研究のまとめ。 夏休み終了前々日、自由研究まとめ戦 今年は、 半年以上、色々仕込んできたものをまとめる! そうそう、自由研究と関係なく、 長女は、 昨年末、父親が出版(20代に伝え
『小2の自由研究は親の戦!子育てで人の力を引き出すプロデュース力が養われる?!』の画像

昨年、家事負担を減らすために、 パートナーが導入してくれた我が家の時短マシーン。 洗濯乾燥機とルンバ。 この一年、 私の子育て、家事、仕事の両立生活が、 圧倒的に変わった。 ということで、、、 女性の活躍推進を本当に実現をしたいなら、 できるだけ多くの共働き家
『エコカー減税に並ぶ「新・三種の神器減税」って、どう? 共働きも消費もグッと加速させる魔法の制度。』の画像

「小2の壁」にぶちあたってる高嶋です。  > http://takashima.blog.jp/archives/54833383.html フェイスブックで、思わず、 いろんな方からたくさんコメントをもらって、 とっても学び深いし、いろいろと考えるところです。 一定の割合で「宿題」問題を抱えている家庭
『我が家の「宿題問題」を解決!子どもが宿題を自分からやるようになるたった一つのコツは「楽チン」』の画像

↑このページのトップヘ