コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

女性活躍について思うこと/ワークライフバランス

次女は、4月から小学校1年生。 そう、私には、 2度目の「小学校1年生の壁」がやってきています。 2度目は1度目とずいぶん違う 働く親にとって、 仕事と子育ての両立ができるのか不安になってしまう「小1の壁」。 長女の時は、戦々恐々としていました。 >> 1度目
『2度目の「小1の壁」で実感、イメージできることの心強さ。』の画像

毎朝、 私たちは修羅場に立っています。 私 今日は食パンだよ。 子 え〜!じゃあ焼いてバター。 私 どうやって食べる?   切る?1枚? 子 ん〜、こう切って、こう切って。 私 こう、って、どうよ? 子 だから、こうやって、切って。こうやって切って。(ジェスチャ
『子育ての修羅場が「具体化力のプロ」を育てる【トーストのレシピ作れますか?】』の画像

ういの本が出て 先日ツイッターで「しょうがっこうがだいすき」をちょっと検索しました。 ありがたいことに、とても好意的にコメントしていただいている方もいて、本当に本当に感謝です。 一方で、否定的な方もいました。 もちろん賛否両論あるのは、ごく当たり前のこと。 ま
『「しょうがっこうがだいすき」じゃなくていい。子どもはとても柔軟で、多様性に溢れてる。』の画像

3月2日の日経新聞朝刊に載っていた記事。 自営業者やフリーランスで働く人らが加入する国民年金では、・・・ 16年12月に成立した年金改革法で、こうした第1号被保険者の女性が出産する際に産前産後の保険料を全額免除する仕組みが加わった。4月から実施する。 通常の免除期
『日本は女性を起業させない仕組みばかり?! 変わり始める第一歩の制度改革がいよいよ!』の画像

簡潔に書けないのかと思いながら、 今日も、 ちょっと長々と書いちゃいました。 笑 ーーー ちょっと前のこと。 3人の娘たちを母と伯母に預けた時、 ある子育て中の人から、 8歳児に対しての、突然の感想のライン。 「あれだとお母さんも伯母さんも、もう年だから、怪我
『子育ては「迷惑」という正義感。女はいつも「仕事」と「子育て」の天秤にかけさせられる。』の画像

先日、 「なんで、ブログで子育てのことを書くのか?」 と、問われましたよ。 その時は、 うまくいえなかったんだけどね。 上手くいっているところだけを切り取る毎日 SNSはキラキラすぎるんですよね。 みんな幸せなことを載せたい。 みんな辛いことはあまり言わない。
『なぜ、私は「子育て」のことをブログ記事に書き続けるのか?』の画像

政府の子連れ出勤推進のニュースが話題になってますね️。 私はというと、 私は、 子連れ出勤・会議は、政府が後押しすることには、反対です。 それは、 実質的に子育てをしたことがある方、 子連れ出勤をしたことがある方が施策を作らないから。 現場を見て、声を聞いても
『政府の「子連れ出勤・子連れ会議」推進には、経験者だからこそ反対!』の画像

今、とても悩ましくて、 今年、真剣に悩むのは、放課後児童クラブのこと。 政府「40人に一人」政策方針 昨年末に政府の方針が決まる中で、 1〜6年生までの40人が狭い場所で一人の監視員の元で過ごすことになるかもしれない。 基準の事実上の撤廃により、学童保育の運営は
『[今年の私のテーマ]放課後児童クラブは、職員1人 対 子ども40人?! どうする、私!!』の画像

話題な西武・そうごうの元旦広告。 いろんな意見を読みながら、 男性には比較的好意的で、 女性には比較的モヤモヤしてる人が多いのかもしれないと見てました。 総論は賛成のはず 総論は賛成。 女性なんてもてはやされる時代は、真の女性も活躍できる社会じゃない。 もては
『西武・そごう元旦広告にモヤモヤ。メッセージは同じ駒崎さんと賞賛と炎上分けた「共感力」。』の画像

「嫌われる勇気」を備えたいタカシマです w ちょっと前のこと、 思い切って、 「学校のエプロンへのアイロンがけ」についてSNSに投稿。 めっちゃ賛否両論!! 私、思いやりがなかったなーと、 今更ながら、猛反省。 しかしね、いろんな気づきがありました。 いいねぇ!
『給食エプロンにアイロンをかけない=「思いやりがない」レッテル!?「丁寧な暮らし」理想のお母さん像はもう古い。【主婦の働き方革命】』の画像

今日は、娘のマラソン大会。 1時間目とあって、応援へ。 1周目、なかなか早い。 2周目、遅れる。横っ腹が痛そう。 3周目、だいぶ後ろ。。。 目標の順位は達成。 でも、彼女の走りを見ながら、 ああ、 彼女は本当はもうちょっと走れるなー、と思う。 マラソンが嫌いに
『小2のマラソン大会、「根性」の強要がマラソン嫌いを増やす?!マラソンは科学!?』の画像

先日、話をしていると、小学校の話題に。 岡崎市も安城市も、 こんなに男女平等が叫ばれているのに、 いまだに、 いまだに、 出席番号は、男子が先、女子が後で、50音順!!!! なに〜ぃ、 この時代遅れ感!!!!!! 愛知県の中でも、自治体や学校によって、 差はある
『女性が就職したくない街 1位・愛知の課題は教育。教育委員会は即刻LGBT研修導入を。まず教育現場が不必要な男女区別をやめて!』の画像

先月、次女が6歳! そして、 先日、三女が4歳!! 娘たちは、みんな、すくすくと成長中。 おめでとう、6歳! 次女ここちゃんは、絶賛、反抗期。 もぅ一日中、寝ても起きても、ぷりぷりプンプンしてます。 夢見ながらも怒ってる 笑 でも、本当はめっちゃ優しい。 今
『次女が6歳、三女が4歳に!!OKa-Bizとあゆむ次女、三女の歴史!』の画像

今日から、長女・小学二年生は小学校開始!! ということで、 一昨日は、大詰め!自由研究のまとめ。 夏休み終了前々日、自由研究まとめ戦 今年は、 半年以上、色々仕込んできたものをまとめる! そうそう、自由研究と関係なく、 長女は、 昨年末、父親が出版(20代に伝え
『小2の自由研究は親の戦!子育てで人の力を引き出すプロデュース力が養われる?!』の画像

昨年、家事負担を減らすために、 パートナーが導入してくれた我が家の時短マシーン。 洗濯乾燥機とルンバ。 この一年、 私の子育て、家事、仕事の両立生活が、 圧倒的に変わった。 ということで、、、 女性の活躍推進を本当に実現をしたいなら、 できるだけ多くの共働き家
『エコカー減税に並ぶ「新・三種の神器減税」って、どう? 共働きも消費もグッと加速させる魔法の制度。』の画像

「小2の壁」にぶちあたってる高嶋です。  > http://takashima.blog.jp/archives/54833383.html フェイスブックで、思わず、 いろんな方からたくさんコメントをもらって、 とっても学び深いし、いろいろと考えるところです。 一定の割合で「宿題」問題を抱えている家庭
『我が家の「宿題問題」を解決!子どもが宿題を自分からやるようになるたった一つのコツは「楽チン」』の画像

先日、長女の宿題問題についてのブログをフェイスブックに投稿したところ、 恐縮ながら、みなさんからコメントをいただいたのです。 しかも、本間さんからも『「勉強はつまらない」から「学ぶことは面白い」』というコメント。  > 「小2の壁」http://takashima.blog.jp/a
『「勉強はつまらない」と「学ぶことは面白い」』の画像

4月に無事に小学校2年生に進級した長女8歳。 小1の壁を乗り切ったんだ! と、私は思っていました。 でも、 本番はここからでした・・・。 宿題を全くやってこない問題 小学校2年に上がり、 なぜか、 放課後児童クラブで宿題を全くやってこなくなりました・・・。 なぜ
『「小1の壁」ならぬ「小2の壁」。小学2年生をなめるなよ!』の画像

今日は朝から地域のお神酒当番。 今日の予定は変更。 諸々予定を再調整。 土曜日だったのがちょっと幸い。 テクテクと、 保育園児2人が付いてきてくれました。 地域に住んでいると、 こういう細かい仕事ってたくさんある。 でも、 高齢化、 労働人口が激減、 貧困化、 共
『変化しない地域社会って、住む場所として選ばれなくなる気がする』の画像

4月の新年度から、2ヶ月半。 保育園は、4月に入園ばかりの子どもたちも多くて、 5月くらいまでは、保育園に送って行くと、 玄関で泣きじゃくる子どもや、 そもそも車から降りない子とか、 玄関に入らないぞと抵抗する子を見かける。 お母さんたちは、 一様に、不安そうで、
『育休復帰後たった1ヶ月の働き方を見直すだけで、社員がイキイキ働ける職場に変わる。って提案。』の画像

個人事業主・自営業者、経営者の産休・育休中、介護中の保証はゼロ。 もちろん、 雇用保険に入れないからなんですけどね。 でも、 経営者や個人事業主・自営業者が 育児休暇、介護休暇を取りやすい環境を整えてあげることが、 実は、国が進めたい、 働き方革命が進む。 ま
『「経営者・個人事業主の育休の保証はゼロ」だから、日本では男性の育休・育児参加も 女性の起業も 進まない』の画像

新年度が始まって、2ヶ月。 長女小学2年生に翻弄され、 親としてのあり方を模索の日々でした。 耳が聞こえない事件 4月、 耳の検査をしましたが、低い音が聞こえていないという結果です。 早めに病院で検査を。 と、学校から知らせを受けました。 え〜!!!と驚いて、 病
『子どもに「やる気スイッチ」はない?!親ができることは、可能性の芽を摘まないことだけ。』の画像

自民党の萩生田光一幹事長代行が、赤ちゃんの気持ちを代弁されたそうです。 「0〜3歳児の赤ちゃんに『パパとママ、どっちが好きか』と聞けば、どう考えたって『ママがいい』に決まっている。お母さんたちに負担がいくことを前提とした社会制度で底上げをしていかないと、『
『萩生田幹事長代行の「男が育児、子供に迷惑」発言。政治家さん、子どもの幸せ奪わないで。』の画像

長女が、8歳になりました。 私も母8歳 v あぁ8歳って、まだひよっこです。 8歳の彼女 いろんなことを気づけたり、 人を笑わせたり、元気づけることが好きだったり、 気づいてみると、人見知りじゃなくなっていたり、 表現力が豊かだったり、 集中力が半端なかったり、 ど
『長女が8歳。育て方一つで個性が長所にも短所にもなる。』の画像

読めない漢字書き取り事件 昨日は小学校の遠足。 天気も良く疲れたんでしょうね。 私は、仕事を在宅に切り替え、 放課後児童クラブもお休みし、娘を迎える。 帰宅した瞬間から、 長女・小学校2年生が、もうめちゃめちゃ不機嫌。 帰ったら、ブツブツ。  宿題やるんでしょ。
『子育てへの正解ってどこにあるのか本当に知りたいと思った、小学2年生の投げやりな宿題』の画像

↑このページのトップヘ