コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

女性活躍について思うこと/ワークライフバランス

今日、娘ういの本について、 岐阜新聞さんが記事を掲載してくれました。 クラスには他にも新聞に載ったことあるお友達が何人かいるそうで、 彼らに見せるんだと、張り切って出かけて行きましたよ。 > https://www.gifu-np.co.jp/news/20181005/20181005-79294.html する
『うい小学2年の出版が発売即完売で、即重版し、ヤフトピにまで載った話。【「しょうがっこうがだいすき」の奇跡】』の画像

今日から、長女・小学二年生は小学校開始!! ということで、 一昨日は、大詰め!自由研究のまとめ。 夏休み終了前々日、自由研究まとめ戦 今年は、 半年以上、色々仕込んできたものをまとめる! そうそう、自由研究と関係なく、 長女は、 昨年末、父親が出版(20代に伝え
『小2の自由研究は親の戦!子育てで人の力を引き出すプロデュース力が養われる?!』の画像

昨年、家事負担を減らすために、 パートナーが導入してくれた我が家の時短マシーン。 洗濯乾燥機とルンバ。 この一年、 私の子育て、家事、仕事の両立生活が、 圧倒的に変わった。 ということで、、、 女性の活躍推進を本当に実現をしたいなら、 できるだけ多くの共働き家
『エコカー減税に並ぶ「新・三種の神器減税」って、どう? 共働きも消費もグッと加速させる魔法の制度。』の画像

「小2の壁」にぶちあたってる高嶋です。  > http://takashima.blog.jp/archives/54833383.html フェイスブックで、思わず、 いろんな方からたくさんコメントをもらって、 とっても学び深いし、いろいろと考えるところです。 一定の割合で「宿題」問題を抱えている家庭
『我が家の「宿題問題」を解決!子どもが宿題を自分からやるようになるたった一つのコツは「楽チン」』の画像

先日、長女の宿題問題についてのブログをフェイスブックに投稿したところ、 恐縮ながら、みなさんからコメントをいただいたのです。 しかも、本間さんからも『「勉強はつまらない」から「学ぶことは面白い」』というコメント。  > 「小2の壁」http://takashima.blog.jp/a
『「勉強はつまらない」と「学ぶことは面白い」』の画像

4月に無事に小学校2年生に進級した長女8歳。 小1の壁を乗り切ったんだ! と、私は思っていました。 でも、 本番はここからでした・・・。 宿題を全くやってこない問題 小学校2年に上がり、 なぜか、 放課後児童クラブで宿題を全くやってこなくなりました・・・。 なぜ
『「小1の壁」ならぬ「小2の壁」。小学2年生をなめるなよ!』の画像

今日は朝から地域のお神酒当番。 今日の予定は変更。 諸々予定を再調整。 土曜日だったのがちょっと幸い。 テクテクと、 保育園児2人が付いてきてくれました。 地域に住んでいると、 こういう細かい仕事ってたくさんある。 でも、 高齢化、 労働人口が激減、 貧困化、 共
『変化しない地域社会って、住む場所として選ばれなくなる気がする』の画像

4月の新年度から、2ヶ月半。 保育園は、4月に入園ばかりの子どもたちも多くて、 5月くらいまでは、保育園に送って行くと、 玄関で泣きじゃくる子どもや、 そもそも車から降りない子とか、 玄関に入らないぞと抵抗する子を見かける。 お母さんたちは、 一様に、不安そうで、
『育休復帰後たった1ヶ月の働き方を見直すだけで、社員がイキイキ働ける職場に変わる。って提案。』の画像

個人事業主・自営業者、経営者の産休・育休中、介護中の保証はゼロ。 もちろん、 雇用保険に入れないからなんですけどね。 でも、 経営者や個人事業主・自営業者が 育児休暇、介護休暇を取りやすい環境を整えてあげることが、 実は、国が進めたい、 働き方革命が進む。 ま
『「経営者・個人事業主の育休の保証はゼロ」だから、日本では男性の育休・育児参加も 女性の起業も 進まない』の画像

新年度が始まって、2ヶ月。 長女小学2年生に翻弄され、 親としてのあり方を模索の日々でした。 耳が聞こえない事件 4月、 耳の検査をしましたが、低い音が聞こえていないという結果です。 早めに病院で検査を。 と、学校から知らせを受けました。 え〜!!!と驚いて、 病
『子どもに「やる気スイッチ」はない?!親ができることは、可能性の芽を摘まないことだけ。』の画像

自民党の萩生田光一幹事長代行が、赤ちゃんの気持ちを代弁されたそうです。 「0〜3歳児の赤ちゃんに『パパとママ、どっちが好きか』と聞けば、どう考えたって『ママがいい』に決まっている。お母さんたちに負担がいくことを前提とした社会制度で底上げをしていかないと、『
『萩生田幹事長代行の「男が育児、子供に迷惑」発言。政治家さん、子どもの幸せ奪わないで。』の画像

長女が、8歳になりました。 私も母8歳 v あぁ8歳って、まだひよっこです。 8歳の彼女 いろんなことを気づけたり、 人を笑わせたり、元気づけることが好きだったり、 気づいてみると、人見知りじゃなくなっていたり、 表現力が豊かだったり、 集中力が半端なかったり、 ど
『長女が8歳。育て方一つで個性が長所にも短所にもなる。』の画像

読めない漢字書き取り事件 昨日は小学校の遠足。 天気も良く疲れたんでしょうね。 私は、仕事を在宅に切り替え、 放課後児童クラブもお休みし、娘を迎える。 帰宅した瞬間から、 長女・小学校2年生が、もうめちゃめちゃ不機嫌。 帰ったら、ブツブツ。  宿題やるんでしょ。
『子育てへの正解ってどこにあるのか本当に知りたいと思った、小学2年生の投げやりな宿題』の画像

春になると、このタイミングで決意を新たにしてがんばろう!と思ってしまいますよね。『20代に伝えたい50のこと』(ダイヤモンド社)の著者秋元祥治さんは、でも、決意を新たにしても意味がない!と断言します。 (ダイヤモンドオンライン) → http://diamond.jp/articles
『最も無意味な「決意新たに」。女性が活躍できるために、多様性溢れるために、もう一歩踏み出す!』の画像

あることで調べ物をしていたんです。 出産前後に就業を継続する割合は増えておらず、全国的に6割以上の女性が出産を機に離職する傾向が続いている 内閣府「男女共同参画白書平成27年度版」 妊娠出産後に退職した女性正社員の退職理由は「家事、育児に専念するため自発的に
『女性だからって、結婚や出産を機に仕事を辞めるの、もうやめませんか?』の画像

昨日は、長女7歳と次女5歳のピアノの発表会でした。 ピアノを習って、やっぱりよかったなって思いました。 一年で、こうやって、二人とも成長できたこと、 そして、私も親として成長できたことに、 心から先生に感謝です。 一人でステージに立つという貴重な経験 ピアノっ
『5歳の心が必要としてくれた時に大事にしたい、一緒に一呼吸置けるということ。』の画像

先日の小室氏の引退会見の全文を読みながら、 私も多くの人と同様に、なんとも言えない気分でいます。 いくつもの問題が重なって、後押しされた引退の決断。 しかし、その一つ、 多くの方が取り上げているように、 この「介護」の課題において、 やはり、日本が変わるきっ
『自力の長時間の介護、育児、家事をするのが「エライ」という美徳を、今こそ捨てよう!』の画像

小学校、年10回、土曜日は学校があります。 今週土曜日も長女は、授業。 研究授業など、土曜日に行いたい理由もあるのかも。 そして、 土曜日を有効活用しようという、国の政策。 >  https://goo.gl/xkk1FJ >  https://goo.gl/ug4q4Y 年3回、月曜日の振替休日の矛盾
『なぜ土曜日に授業をして、月曜日を振替休日にする?専業主婦前提じゃないか?ワーキングマザー・ワーキングファザーの働き方を考える。』の画像

2学期の長女の面談の最後。 実は、、、 と、先生が神妙な面持ちで取り出したのは、算数の答案用紙。 「答えはあっているんですが、  書き方に問題があって、  すでに一度注意してるので、  悩みましたが、バツにしました。」 ちょっと問題的なこと風に指摘を受けました
『小1の算数テスト、正解なのに「×」。生き抜くために必要なのは枠に収まる力か、楽しめる想像力か。』の画像

先日も、朝からやられました。 朝起きてから、三女の理不尽砲が炸裂。 三女:パン、そのまま食べる。 私 :焼かないの? 三女:焼かない。 私 ;はい、どうぞ。(焼かずに差し出す) 三女:焼くの!!!! 私 :・・・。(あ〜、そのままは、何も塗らないってことだな。
『喧嘩三昧の日々にイライラする私が、子どもにハッとさせられた一言。』の画像

今日、長女・小学1年生は、算数検定を受けに行きました。 いつもと教室が違うこともあり、 「わからないから付いてきて!」と。 教室にたどり着けないといけないと思い、さすがの私も学校の玄関まで一緒に行きました。 後で娘がボソッと、 「他のお母さんたちは後ろで待って
『やる気スイッチをどう押すか?子どもの強みを伸ばすために出来ることを模索中。』の画像

先日、ニュースを見ていたら、市議が赤ちゃん連れで議場に入ったところ、「混乱」し、開会が遅れたと。。。 >https://mainichi.jp/articles/20171123/k00/00m/040/107000c 赤ちゃんが入ったくらいで、「混乱」って・・・ 市民の未来を考える場のはずなのに、そこに、時代錯
『首相官邸に子連れ会議してわかったパフォーマンスの必要性と、社会で一番課題を抱える遅れる議会周辺』の画像

自宅でデスクワークをしている日は、 できれば、長女に、放課後児童クラブをお休みさせてやりたいなと思い、 放課後児童クラブをお休みして、帰宅させてあげる事があります。 そう、 今日もそうでした。 まず、家で宿題をしてから、 お友達と遊ぶなら遊ぶという約束の元、放
『宿題しない小一、立てこもり事件  /  子育てでどんな時も大事にしたい一つのこと。』の画像

我が家の車に、新しい窓がついてから、1週間。  > http://takashima.blog.jp/archives/54774026.html なんと、 なんと、 なんと!!!!! また 新しい窓? いや、羽? いや、ん???? つきました。 はい。 発見!!もう驚きません、何があっても。 朝、出かけ際
『【割れ窓理論 VS 532回理論】我が家に新しい窓は532個つくのか?』の画像

ホリエモンさんのツイートが、大変話題を呼んでいます。 ご自身が保育士であり、かつ保育園を複数経営されている NPO法人フローレンスの駒崎さんは、『保育士は「誰でもできる仕事」か』と題して、 なぜ保育士の給与が上がりづらいのか?を説明されています。 https://news
『ホリエモン「保育士は誰でもできる」状態は、平等という名の子どもも保育士も不在の行政の勝手。今こそ行政は金ではなく、知恵を!』の画像

↑このページのトップヘ