子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。地方中小企業における女性活躍の現場も数多く見てきています。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。舞日、舞進です。

子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

想い・決意

日本での育児は、拒否される。諦めの育児だと私は思う。 先日、長女の卒園式に、2歳三女を連れての参加を拒否された。 これが、今の日本社会の縮図だと私は思う。 保育園の行事ですら子連れ拒否 「厳粛な式を執り行うため。」 これが2歳が参列できない理由だ。 卒園式の案
『卒園式ですら子連れはお断り…。諦め続ける子育てって、そんな日本、悔しいじゃん。』の画像

先日は長女の入学に向けて小学校の説明会だったのです。 ズバリ、 「小学校一年生の壁」を実感する現場です。 これまで漠然と釈然としなかったわけですが、 説明会を受けて、はっきりと感じたことがあります。 それは、 小学校の壁は、社会の問題であって、学校の課題で

今日は、NPO法人アスクネットさんにお声がけをいただき、岡崎市にある光ヶ丘高校で授業をしました 。 毎年、進学先が決まった3年生を対象に、「光ヶ丘4Days」と題して、大学授業の先取りをテーマに、様々な社会人が授業を行い、最後に学生がプレゼンをするというプロジェクト
『大学生活は高校生活の延長線じゃない。自分の人生を面白くできるのは自分しかいない。』の画像

2017年もスタート! 年女の高嶋です。 本年もよろしくお願いします。 2016年を振り返り 7 なんだか、2016年は、大殺界だったんですよ。 まぁとは言っても、そんなに人生悪いことはない。 運勢なんて、よくわかりませんが、 いろいろハッと気づかされる、実り深い一年だった

中小企業支援・創業支援をしていると、 私は特に女性だからか、女性のお話を聞くことも多いです。 主婦で起業する人に対して、 「起業は、女の遊びじゃない」とか、 「旦那の稼ぎがあるからやれるんだ」とか、 「別に儲ける気ないんでしょ」とか、 実際に支援する側の方がそ

夏休みの終わりを告げる、私の誕生日。 先日、35歳を迎えました^^ 30代、後半戦に突入。 家族のみんなに祝ってもらいました。 本当、ありがたい。 どまつりを観ながらの誕生日 この観覧席ができた時、 ファイナルを観覧席で観る日が来るとは、思わなかったです。 お祭
『35歳、「笑顔はいつだってみんなを幸せにする」ぞ!!』の画像

9月1日です。 9月1日は子どもの自殺が最も多い日。 http://news.livedoor.com/article/detail/11958063/ 自分が、不登校だったから、お伝えできることもあるかなと思って。 本人だけじゃなく、その親の皆さんにも伝えられること。 学校に行かなくても、私、人生けっこう楽

旧年中はお世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします!! 年末、つらいなーつらいなーと思っていたら、インフルエザでした。 末の娘と一緒にダウン。とほほー・・・。 そして、年始は、子どもの病院から始まる2016年。 闇からぐっと上がってきた感じ
『2016年は基礎固めへ。今年もよろしくお願いします!』の画像

先月、アラサー最後の一年が始まりましたw 誕生日当日、 娘を保育園に迎えに行くと、一番上の子のクラスの皆が駆け寄って来て、「おめでとう!!」の大合唱!! そして、手渡してくれた手紙。 なんてサプライズなんでしょ!! いやー、メチャメチャ感動しました!(*▽*)!
『34 歳でやりたい 10 のこと/コミュニケーション力アップな一年に!!』の画像

※ 女性の起業シリーズ第2弾 ※ 女性の起業家が少ない。 女性の起業家を増やしたいんですって、話を良く伺います。 私にとっても、考える機会をいただいていますー。 自分が東海地域の女性起業家として、 そして、起業家をサポートする立場として、 私なりの考えをまと

昨日は、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の100万部突破記念のパーティにお邪魔をさせていただきました! とっても素敵なパーティ、ありがとうございました。 > ビリギャル http://birigal.jp/ > 学年ビリのギャルが1年で偏差値を4
『ビリギャル100万部突破パーティ/「やればノビる」という可能性』の画像

なんで、公的産業支援なのか? なんで、民間コンサルじゃないのか? と、先日、聞かれました。 自分にとって、この道は当たり前で、民間コンサルと言われて、ポカ〜ンとしてしまいました ^^; 小出さんがそう質問されてる現場にはよく居合わせるのですが、自分にもそんな質問
『ミッションは何か?民間コンサルじゃなくて、公的産業支援を選ぶ理由』の画像

あけましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします。 昼夜逆転生活の三女と共に静かな夜を過ごし、日中は元気を有り余している娘二人とわいわい新年を迎えていますm(_ _)m 今年は子育てを思いっきり楽しむぞー!っていう予感のする始まりです。 仕事はコツ

早いもので、出産から約一ヶ月。 いよいよ床上げ、社会復帰のため、明日、実家から自宅に戻ります。 入院、出産のこの二ヶ月は、しかしあっという間でした。 そして、入院していた一ヶ月ちょっとは、私にとってとっても深い時間でした。 落ち込んだ入院生活 入院時は、
『床上げ、社会復帰に向けて。岐阜に戻ります!』の画像

今回の入院。約1カ月。 たくさんの方にご迷惑をおかけしています。 大変不謹慎ですが、でも、良いこともあります。 それは、たくさんの大切なことに気づく機会をいただけていること。 その中でも、「当たり前にある日常」が幸せだと深く感じられることは、とってもありがた
『1ヶ月の入院は、「当たり前の日常」を幸せだと感じられる機会でした。』の画像

病室にて安静にしながら、これまでの人生を振り返ったり、今や未来を考えたり・・・ 私には、小さい頃からある夢がありました。 物心もつくかつかないかという幼い頃に感じた、テレビに映る映像と自分との間にある違和感的な物。 数年経って、その違和感を取り除けそうに感
『夢を追う事と、叶える事は全く違う』の画像

先日、信頼する後輩と久しぶりにじっくり話をしながら、改めて気付いたこと。 後輩との話の内容は、真剣な議論というよりは、至極個人的な話で、一見どうでもいいというか、私の一方的に馬鹿話みたいなものだったんです。 いや、もちろん、私たちにはとっても大事な話でした
『リスクを回避するために、私たちは何もしないことを選択するのか?』の画像

先日、新法人設立に当たり、とある地方金融機関で口座開設をしようと、口座開設に必要な書類を聞くため、問い合わせをしました。 すると、年の多い方に電話口が代わり、説明を受けました。 端的に言われた事をまとめると、「個人事業主時代に取引がない人は、口座開設は不可

今日の、ダイヤモンド・オンラインの 「親ができることはまだ残っていた!内定を取れる子、取れない子のたった1つの違い」 。 > http://diamond.jp/articles/-/51773 筆者・竹内さんは、 英語を勉強してきたか?留学をしてきたか?という問いから、内定に強かどうかを分析
『「努力することにストレスを感じない」ことが求められる社会』の画像

OKa-Bizは、たった週4日×5時間半の稼働で、 開設から6ヶ月で、595件のご相談を頂いています。  > OKa-Bizリリース    http://www.oka-biz.net/news/detail.php?no=1396344734 いまだに、ご予約は約2週間待っていただいていますー。 「これまでの支援施設と何が違うの
『時代変化に合わせて支援側だって変わるべき。閑古鳥が鳴く産業支援施設は、本来危機的状況に有るという認識があるのか?』の画像

家入一真さんが、今朝、Facebook上で出したコメント。  > https://www.facebook.com/ieiri/posts/10151962232158316  > http://ieiri.net/archives/3560 東京都民でもないし、お会いした事すらないし、 選挙を手伝った訳でも、クラウドファンディングで寄付した訳でも
『家入氏の東京都知事選挙総括から「諦めない」大切さを学ぶ』の画像

本年も、明日から始動です。 久しぶりに家族4人でゆっくり過ごした年末年始でした。 いつも忙しい秋元。長期の休みでも仕事に行く事が多いです。 しかし!今年は、奇跡的にすっかり仕事も入る事なく、のんびりと4人で。 しかし、育児を二人でやると、心に余裕も生まれて
『2014年、仕事始めに当たって』の画像

今日は、結婚4周年記念。 明日、明後日の仕事の都合で、たまたま実家へ移動したため、 両親に、子どもの世話をお願いし、 久しぶりに二人でささやかにお祝いをしました。 両親に感謝です。 話題の「産後クライシス」もなんとか乗り切り?、 5年目を迎えます。 「結婚」
『日を重ねて「家族」になっていく』の画像

8月28日、 32歳になりました。 ムスメがハッピーバースデーを歌ってくれて、祝ってくれました。 ささやかながら、でもとっても幸せな毎日を過ごさせてもらっていることに、 改めて深く感謝です。 31歳を振り返ってみると、 切迫早産からの第二子出産から始まり、 子育て
『30代も本格化!』の画像

先日、富士市産業支援センターf-Bizの小出さんとご意見交換をさせていただきました! ご講演される三重県松阪までの移動時間を頂いて! お忙しい中、ご無理を言いました。 テーマは、タカシマのこれからの事業戦略について。 師匠として、尊敬する小出さんから、いろいろとお

↑このページのトップヘ