コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

ホン

食事とトイレ以外は、寝たっきりの生活が続いています。 パソコンに触っちゃいけない生活には、まだまだなれません・・・ あまり目を使ってはいけないそうなので、心穏やかに音楽とほどほどに読書です。 今月のブルータスは、地方の魅力特集。 人に焦点があたりながらの
『ほどほどに読書生活/ブルータスは地方特集』の画像

プロフェッショナル講座 営業力―「顧客の心」に処する技術と心得 SOHO@しずおかから帰って来て、タカシマは10月に迫った「ビーンズフェスタ」の営業に勤しむ日々です。よく考えなくてもあと2ヶ月・・・なので、広告物の締め切りも迫りつつあり、今がちょうど山場

仕事の思想―なぜ我々は働くのか この本には「なぜ働くのか?」が綴られています。働くとは生きることと同じ。そんなことを感じ取りました。 本のいろいろな箇所から多くの気付きを頂いたのですが、タカシマがこの本の中で一番気に留まったところがあります。それはショ

未来を拓く君たちへ―なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか 遅ればせながら読みました。 頭の中でぼんやりしていた「なぜ志を持って生きるのか?」がわかった気がします。 人が志を持ち、そして成長をし続けることとは、 「死ぬ瞬間、最高の人生だったといえるのか

コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術 タカシマ、大学4年になると同時にどまつり事務局に入局しました。 実行委員会って裏方ではありますが、事務局は実行委員を支える更なる裏方。特にタカシマは実行委員会をフォローするという

↑このページのトップヘ