OKa-Bizにいると、
いろんな事業者さんにお会いします。
初めてお会いする方が、1日に何人も。

最初に立てた仮説はあまり役立たない


昨日、新規でお越しになった相談者さんは3件。
事務局のみんながヒアリングしてくれた情報を元に、リサーチしたりして、どうサポートできるかを仮説を立てて、臨むわけです。
しかし、これでいくぞ!みたいな仮説は、やっぱり私には浮かばない。

でも、実際お会いして、1時間、じっくりお話を伺う。
すると、
「御社の強みってこれですよね!!」
「こういう打ち出ししてみませんか?」

見えてくるんですよね、事業の展開、方向性。

そうすると、皆さん、おっしゃてくれる。
「やってみたいです、それ。」

で、
OKa-Bizで、アドバイザー陣も入れながらサポートし、具体的に一緒に動き出す。


本当に、毎日ドキドキするけど、
でも、本当に楽しくて、嬉しい。
お話を聞くと、どの企業さんにもとても素敵な強みがある。
事業の展開は、何か、どこかからとってつけるわけじゃなくて、
その企業さんがもつ強みを生かした展開。
だから、
彼らにとっても、無理がなく、ハードルは低い。
ちょっと変えればいい、時には何も変えなくていい、
どうしたらいいのかが具体的に見えてくるから、
ちょっとやってみようと思える。

そんなふうに思ってもらえることも嬉しくて、
そして、チームOKa-Bizが展開をご一緒できることがとても嬉しいです。


フレームの落とし穴


1ヶ月ほど前でしょうか、f-Biz小出さんとディスカッションしていました。
「どうしたら、サポートの質が上がるか」

その一つの話題で出たのが、「フレーム」。


確かに、小出さんのサポートには、いくつかのパターンっていうか、型っていうか、そういうのがあると私も思ってました!

小出氏が講演などでもよくお話しされる、売り上げが上がる方法は3つ。
・新分野進出
・新商品開発
・販路開拓

 +そもそも「情報発信」してるか?


だから、
私、自信を持って思ったんです、
フレームは4つ!!



私もOKa-Bizが始まった当初、この4つのどれにハマるだろう?って、お話聞きながら、必死に相談を受けていたことを、思い出します。



でもね、大手コンサルの人が考えるフレームにはめてみると、
f-Biz流のサポートを、フレームってヤツに落とし込むと、めっちゃたくさんある!!!


細分化して、フレームに落とし込む。
もう、これも、これも、違うフレームになっちゃうんですって。

あー、
「4つ!」なんて自信満々に言わなくて、本当に良かったなって、思いました、私。
( ↑ 本質はそこじゃないよ。)


しかし、そのフレームが結構な落とし穴だったりするそうです。
相談を聞きながら、
どのフレームに当てはめたらいいのかわからなくなってしまったり、
当てはめたものの全然うまくいかなかったりするんですって。


同じ企業はないからフレームにはめられない


世の中に、一人として同じ人はいないように、
一社として同じ企業はない。
企業ごとに育ってきた背景は違い、だから強みは違う。
やっている人が違う、だから、個性も違うし、強みも違う。


だから、フレームを整理してみて、
いざ、どれに当てはめよかなんて考えだすと、全然答えが見えなくなる。

だから、小出氏曰く、
「フレームはない。」


失敗経験


フレームは4つ!と豪語しそうになった私ですから、
これがフレームにはめたと言えるかわかりませんが、
私も、過去6年OKa-Bizをやっている中で、
あるf-Bizの成功事例と、(私からは)同じように見えた案件に出会ったことがあります。
私は、ピンっときました。


 あっ!これ、この前聞いたパターンに近い!


でもね、もう、そう思ってしまうと、
もうその成功パターンにはめたくなってしまう。
グイグイいく中で、ついつい本質を逃して、そのパターンが絶対いい!って思っちゃう。

でも、違うんです。
違っていた。
背景は同じように見えるかもしれない。
でも、強みが違うんだもん。
同じような導き方にはならないし、成功パターンになんてはめちゃいけなかった。

他のアドバイザーがアンテナを張ってくれたことで本当に助かったのですが、
とてもとても深く反省をしました。


たった一つの共通した流れ


小出氏がいうように、
f-Biz流の売り上げアップの方法に、フレームなんてない。

あるのは、ただ、
企業の真のセールスポイントを引き出し、そして、その強みを生かした展開を提案し、サポートする。
お金がかからず、企業さんが、よしやれるぞ!やってみたい!そう思わせる提案をする。
ただそれだけ。



よく聞かれるんです。
サポートには型があるんでしょ?
フレームがあるんでしょ?
って。

でもね、
そんなに簡単じゃないし、
それ、企業さんに対して、とっても失礼。


私はそう思うな。

日々、いろんな事業者さんにお会いして、
その人の思いやその事業の思い、先代の思いを聞いて、とてもとても尊敬し、そしてこの企業さんの展開をご一緒できることに感謝する。
私たちの仕事って、そこから始まる。



スクリーンショット 2020-02-07 23.01.17


=============================================
■□ 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz □■
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に無料で応じます。
 HP http://www.oka-biz.net/
 セミナー / ※毎月ほぼ各1回開催!
  >> http://www.oka-biz.net/seminer.html


■□ 長女うい「しょうがっこうがだいすき」出版 □■
小学生になる子たちへ向けた16個のアドバイス
 > https://peraichi.com/landing_pages/view/uibon
 
絵本にもなりました!