手元に届いてから約2週間。
ようやく、落ち着いた時間ができて、読み始めたら1時間ちょっとで完読。
あっという間に読んじゃいました。

ちょっとした、日頃の言葉遣い。
ちょっとした、日頃の心がけ。
仕事だけじゃなく、
子育てでも、夫婦間でも、
ああ、私こんな言い方しちゃてるなーって、
とても反省。
そして、
こんなにちょっとのことで、
こんなに印象が違うのか!と言う、
とても学びの多い、気づきの多い本でした。


言葉のチョイス以上に大事な自分のあり方


良い関係を築けるコミュニケーションの法則を、
わかりやすく、具体例で教えてくれています。


コミュニケーションが良くなると、
良い関係構築ができるってこと。

そのためには、
良い言葉のチョイスと、考え方がとても大事。
言葉のチョイスだけじゃなくて、
前提には、自分自身のあり方や考え方、
振る舞いや行いのスタンスを問われているんだと、
改めて、背筋が伸びました。


ほぼ同じ表現なのに・・・


この本の中で
特にわかりやすくて面白い!と思った事例がありました。

「で?結論は何?」
「結論から教えてくれる?」

ほぼほぼ同じ表現に見える。
ちょっとした言葉の使い方で、
裏に含む意味を変え、
相手の受け取り方が変わる。

いやー、面白い。


どう伝えるのか?
どうリフレーミングするのか?

とても大事な要素だなーと改めて。


失敗しても大丈夫


ちょっとしたこと。
でも、その「ちょっと」が難しい。

でも、
意識的に変えて、
毎日振り返りながら、訓練すれば変われるってこと。
やってみれば、変わり始めるって、思えました。

あと、
勇気をもらったのは、
ちょっと言葉がけに失敗しても、
リカバリーできるってこと。
誰にでも失敗はある。
そう、
まずはそのリカバリーの言葉が発せられるようになると、
自信がつきやすそう!


さあ、今日から、私から変わるぞ!


今日もついつい、子どもたちに言ってしまいました。

「何回言っても、いつも喧嘩になるでしょ!」

違います、
「今日は、〇〇していたら、△△の喧嘩になったよね?
 どうしたらいいの?」

多分、こんな感じが正しい。
そう、こんな毎日の振り返りと、次への改善策を持って、
毎日をより楽しくしたい。

ああ、
仕事も家庭も、
とってもたくさんたくさん、
まだまだよくなれる余地があります。

この本を読んで大きな気づきは、
相手に何かをさせよう、
思い通りにさせようなんて、無理で、
自分が変わらないと何も始まらないんだってこと。

とても素晴らしい本を、ありがとうございました。


よしっ!
さぁ、今から変えよう!!

wCTkXlEbRji9tuQ0fTNkfg_mini_19fea