今日は、娘のマラソン大会。
1時間目とあって、応援へ。

1周目、なかなか早い。
2周目、遅れる。横っ腹が痛そう。
3周目、だいぶ後ろ。。。


目標の順位は達成。
でも、彼女の走りを見ながら、
ああ、
彼女は本当はもうちょっと走れるなー、と思う。
IMG_1474 2


マラソンが嫌いになる


11月から始まった練習、
彼女は、「いやだー。いやだー。」の大合唱。

とにかく彼女が嫌な理由を聞いてみると、
決められた時間内に、たくさん走れと言われる。
ゆっくりだと、
「もっと頑張れ!」
「もっとたくさん走れ!」
と、
いろんな先生が、とにかく、とにかく急かしてくる。


彼女に言い分はある。

彼女も、頑張って走っている。
でも、横っ腹も痛い。
体力づくりはわかるけど、
とにかく、
辛いのに、頑張れって言われても、ムリ。

それ自体がいや。


共感!理不尽だと思う、「根性」の強要


超共感です!!!

そう、
走る理由はわかる。
でも、
頑張って走っているのに、
なんかよくわからなく、人より遅れているから、
もっと頑張れって言われる理由がよくわからない!
根性が足りない的な感じですら言われることもある。

そんなある意味理不尽な。。。
だから、
マラソンなんて、嫌になる。

そんな学校ばかりじゃないし、
そんな先生ばかりじゃないことも確か。
でも、
そういう風潮が残ってることも確か。


私ね、結構スポーツ好きだったんですよね。
バスケもやってて走る量は半端なかった。
でも、マラソンだけは大嫌い。
人生二度としたくないものの一つに数えることができる。

一生懸命頑張ったって辛いし、
一生懸命頑張ったって1位を取れない。

辛いのに、頑張れって言われて、
とにかく、たくさん走れと言われる。
早くなり方もわかんないし、
意味よくわかんない。


だからね、
私は、彼女に、共感しかない。


でも、
そんなこと言ったってしょうがないから、
とにかく、健康づくりのためだ!
とにかく、
早くなくていい、たくさんじゃなくていい、
自分のペースで、頑張ればいい!

そう説得して、彼女には練習に参加を促す。

そして、
モンスターみたいに感じられてもいいやと思って、
先生にも、伝えましたよ。
どうかどうか彼女のペースで走らせてください。
嫌なものでも、彼女は、頑張って参加する。
日によっては、
昨日よりも一周でも、多く走ろうと思って頑張る。
その走る行為そのものがとても大事です。
だから、
見守ってください!と。


私は、大嫌いになるよりも、
参加して、それになりに辛いけど、
それなりに楽しい方が大事だと思うから。



上達する「適切な」方法がある


そんな母娘の姿を横目に、
今日、ランニングが趣味の夫氏は、
「マラソンは、「科学」なんだよ。
 根性じゃない。
 とにかく、乳酸菌がたまると・・・・<割愛>・・・、
 だから、理論を理解して、正しくトレーニングすれば、
 必ず上達する。
 そもそも今の彼女自体の順位も確実に上がる。」


え〜〜〜!
そうなの〜〜〜〜〜?!!!!


私の時は、全くそんなことなかった。
とにかく、「走れ」「頑張れ」「気合いだ!」って。

今の娘の話を聞いても、
そんな名残があるのかなぁーと感じる。


でも、
もし、そうやって、論理的に教えられて、
トレーニングをしていたら、
早く走れるようになるだろうし、
そうしたら、
結果が目に見て取れれば、
面白くなって、
ワクワクなって、
やりたくなる、はず。


マラソン、嫌いになんてならないよ!!


転換期にある


世の中、
「根性」「頑張り」とか、
理論の破綻したものじゃなくて、
ちゃんと成果出せるコツがあるはずなんですよね。

それがわかれば、
子どもたちも、もっといろんな物事に
自ら精力的に取り組めると思う。
それは、
マラソンだけじゃない。

今の物事の伝え方、教え方を変えるだけで、
どんなことでも、
もっと、
みんなが、
ワクワクする、
楽しくなる、
それに取り組みたくなる。
そんな方法ってあると思うんだけどなー。


管理する、
とにかくやらせる、
みたいなところから、
抜本的に、抜け出してみる。
個々が主体性を持って動き出す。
個性が光り出す。
そういう時に来ていると思うんですよね。
嫌いな人を生産している場合じゃないって。

もちろん、変わりつつあるところもあるかもしれない。
変わっている現場もあるかもしれない。

最近ね、
教育のあり方って、どうあるのがいいんだろうかと、
素人ながら思うことがあります。


とりあえず、
マラソン大嫌いな私が。
私も高校生ぶり、
走ってみようかと、今更ながら思っています。


=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 4周年活動報告書
    https://goo.gl/AEEcpb

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html