先週日曜日。
久しぶりに日曜の仕事。
東海若手起業塾10周年のイベントに参加でした。
10年か、とシミジミ。
そして、起業塾はとても久しぶり。

そして、そして、
起業塾のイベントで、たぶん初めて、
自分のことを話す機会をいただきましたw
なんだかこそばゆい感じ、
緊張していましたね・・・と後輩に言われてしまうほど。

IMG_6939

私、起業塾に一番育てられた人かもしれない


第1期でコーディネーターを勤めさせてもらった時は、
25歳前後、当時、一番年下で、いちばんべーべー。
コンサルタントになろうとも思っていないし、
起業という言葉にも、あまり自分ごとではない頃です。
でも起業家の想いや苦労を目の当たりにし、
メンターの皆さんのとても深い言葉に感動しまくり、
事務局の山内さんやコーディネーターの皆さんの
理解力やコミュニケーション力に圧倒され、
ただただ必死で、ただただもっと力が欲しいと、感じる毎日。

改めて、
起業塾を通して、起業家さんたちの考えを深く理解したし、
メンターさんたちの目線やアドバイスの視点を学んだし、
ブラザーさんやコーディネーターさんたちに、
起業家さんに伴奏する自分の役割や立ち位置を
勉強させてもらい、
育ててもらったな、と。

私が一番、この起業塾に育ててもらったのかもしれないなと、
自分の出番を前に振り返っていました。


誰のどんな役に立つのか?


そして、10周年イベントの中でも連発される、
「誰のどんな役に立つのか?価値を出すのか?」という言葉。

それは、
スポンサーであるブラザーさんの「At your side」の精神にも
置き換えられるわけです。


これ、やっぱりとっても大事だなって。

誰のどんな役に立つのか?
誰にどんな価値を与えることができるのか?



まさに起業塾という場は、
最初から最後まで、常にそれを問いかけられる場。

このビジネスの基本というか大事な根幹を学んだ、
私にはこの原点があることが、
今のこの日々事業者さんたちを支える仕事の中で、
その事業にとって欠かせない大事な軸を大切にし、
見つけ出すという思考ができているということを感じ、
改めて感謝なのです。


ソーシャルビジネスは特別じゃない


それは、いわゆるここで言われる「ソーシャルビジネス」に限らず、
今、日々、私が目の前にしている、
いわゆる一般の中小企業や大企業であっても、
それに答え続けないと、企業体は継続されない。


そう、
奇しくも、3月11日の開催。
7年前の東日本大震災の日、
いろんなものがストップし、
企業活動が継続できなくて、
日本中が困っていた。

そう、
ペットボトルのキャップ一つにしたって。
国民たちはみんな、
明日にもペットボトルさえ買えなくなるんじゃないかって思っていた。


そんなことを考えながら、
このソーシャルアントレプレナーと言われる人たちを前に、
自分の中でしっくりこなくて、
ぐるぐる、ぐるぐる考えていたんです。
やっぱり、
ソーシャルビジネスは特別じゃなくて、
どんな企業も、
誰かのneedsやwantsを解決しているんだって。
どの事業も、
誰かの何かを解決しているから存続し続けているんだって。

そう改めて。


だから、私は、日々、事業者さんを前に、
この商品やサービスは、
誰にとって、どんな価値があるのかを、
必死に考え、探すわけです。


ソーシャルビジネスってなに?


じゃあ、
「ソーシャルビジネス」って何よ。

私なりに、改めて深く考える。
「ソーシャルビジネス」は、
この社会や価値観が変わっていく中で生まれてきた新たな課題や、
マスが少なくて事業にならずに放置されてきた課題を、
どうビジネスで解決するかってことなんだろうと改めて思うわけです。

だからこそ、
彼らは、社会を変革するパワーを持っていて、
そして、
社会変革を必然的に起こしていく人たちなんじゃないかって。

でもそれは、
時に、これまでの手法が通じなかったり、
認知されたり理解されたりすることに時間や労力が必要だったりして、
だから、
継続する情熱が必要だったり、
通常の金銭の授受だけでは解決できなかったり、
経営が難しいと言われたりするんだろうと思うんですよね。


そして、
社会を変革するには、積み上げではなかなか変えられない。
何をどう変革させたいのか、全体像をしっかりと把握し、
大きなビジョンを描くことで、
そこへの最短距離でのアプローチを取ることができるからこそ、
社会を変革できる。
その大きなビジョンを一緒に描くことが、
この起業塾の価値。

・・・
ああ、それって、
わかりきっている話かもしれませんが、改めて・・・w


支援者に求められる「共感力」


でもね、
私はね、
日々日々、中小企業の皆さんのお話を聞いているからね。
彼らは時にはすごい情熱や思いを持って取り組んでいて、
私たちは単純にソーシャルビジネスと括られるものと、
それ以外なんて区分けできないなって、やっぱり思う。

でもそれがまた、
両方の現場を知っている私だからこそ、
共感力持って、受け止めたり、繋いだり、見つけたりできるって、
そういうことなのかもしれませんね。


10周年、ありがとうございました。
この場に深く感謝しています。

=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 三周年活動報告書が出来ました!
    https://goo.gl/9srEYY

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html