春になると、このタイミングで決意を新たにしてがんばろう!と思ってしまいますよね。『20代に伝えたい50のこと』(ダイヤモンド社)の著者秋元祥治さんは、でも、決意を新たにしても意味がない!と断言します。

(ダイヤモンドオンライン)
→ http://diamond.jp/articles/-/166038?display=b


新年度にあたり、決意を新たにw
いや、小さくてもいいから行動に移そう。

私の新たな決意


女性が活躍する社会になるために、
多様性が溢れる社会になるために、
もう一歩積極的に、動きたい。


これが私の新たな決意。


実は自然体な女性活躍って進んでるんじゃない?


いやね、
でも、「女性活躍」とか言って、
実はたくさんロールモデルいたりするじゃん。
バリキャリでもゆるキャリでもない働き方なんて、
けっこう普通じゃん。
って、最近、思うわけです。

それは、
あまりにも自分が自然体だし、当たり前だし、
周りの女性たちも、そう生きている気がするし、
無理じゃない気もしている。
周りには女性の経営者さんもたくさんいて、
確かにバリバリやってる人もいれば、
子育てと程よい距離感で仕事をされている人も多い。


だから、もうあえて、
意気込んで喋ることでもない気がしているのです。


でも、
先日、ふと言われたんです。

 大企業に勤めていると、
 この先どうなるんだろうかと不安。
 先輩たちみてて、あぁなるんだろうか、
 そう思うと、未来は明るいんだろうかって。
 でも、そんな時に、
 眦茲箸が目について、
 こうやって生きられるなら、楽しいなー!って思ったんです。

って。

涙出るほど嬉しかったです!!!!!!
と、同時に、
大企業に入って、バリバリ仕事こなしている優秀な女性たち。
せっかく優秀で仕事もできるし、
働き続ける意欲もある。
でも、働けば働くほど、
それを認められるのかという不安がつきまとうという悲しさ。
力量では認められない、歯がゆさ。
もったいないね。
悔しいね。


東京と地方は、現状が違うのかも。


そう先日、東京である方とお会いしてきました。
話を終えてふと、
「東京と違って、地方は、、、」みたいなフレーズを
連発している自分に気づき、ムムって思った。

でも、よく考えてみて、
この「地方は、、、」発言は、
別に、地方である事を、
卑下しているとか、
屈折しているとか、
東京を羨んでいるとかじゃない気がする。

やっぱり専業主婦率高い、
やっぱり正社員率低い、
やっぱり活躍できないと思って女性が減る。

私たちが見ているロールモデルは、
まだまだ東京中心の人たちで、
地方のロールモデルって、だれだろう?
等身大のロールモデルって、いるんだろうか?


岐阜には正社員の女性も起業女性も少ない?!


先月、作業のために入った喫茶店@岐阜。
背中越しに座った二人の会話がふと聞こえる。
どうやら、
私と同じ小学校1年生の母で営業職の正社員と、
子育てが終わって随分経っている?女性。

 3連休前の金曜日午後に来年度のPTA決めがあり、
 3連休前で仕事を休めず、欠席したところ、
 見事PTAに当選した。
 母は、もうどうしていいかわからない。。。

この1年は、小学校1年生の壁にぶち当たり、
そして、 2年生ではPTAの壁にもぶち当たった母親を目の前で見たのです。

彼女はこうも言っていました。

 保育園にしても、放課後児童クラブにしても、
 お迎えが、18時を超えるお母さんは少ない。
 地方は、みんな働いていると言っても、
 正社員じゃない。
 もしくは自営だったりする。


まあ、私もある意味、自営。。。
でもね、
この感覚、すごくすごくよくわかる。

ハッと気づくんです。
そうだよね、いろんな理由があって、
地方の女性には、
まだまだ正社員で働くって感覚が薄いよねってこと。

そして、
ちゃんと自立できる形での起業とかも、とても少ない。
岐阜県では、女性経営者が最下位。
そして、
私も、女性経営者懇談会の委員に選出されたのが10年ほど前。
女性経営者の多くは家業を継いだ人。
自分で起業をし、事業をしている人は少ないからだと、
その時、県庁職員に選出された理由を教えてもらった。


海外からみた日本の女性たち


またまた先日、
ニューヨークの方に、こうも言われたんです。

 海外にいると、
 日本女性のネガティブなニュースを多く耳にする。
 貧困、地位が低い、権利が保障されない。って。
 じゃあと、日本の女性リーダーを探しても、
 どこにいるのか聞いても、あまり出てこない。

私は、井の中の蛙だ。
日本にいると感じない。
でも、この話を聞いて、私はめっちゃ危機感だった。
何かしなきゃと思った。


誰もが活躍できる社会へ


そう、
いろいろ女性活躍に取り組んでる人も多いし、
活躍している女性も周りにもいるし、
女性活躍のニュースも見かける。
だから、
女性活躍、
そして地方の女性のロールモデルも、
まだ足りないなんて自分が思っているだけなのかなーと、
最近思ってた。

でも、
この3月、立て続けにそんなことを目の当たりにして、
やっぱりね、
女性活躍の波って、東京はよくわかんないけど、
地方にはまだまだ浸透していなくて、
特にこの東海圏は、大きな産業があって家計も安定していて、
だから危機感も薄い。

でも、
この地域が危機感を持った時には、
もう手遅れになっているのかも・・・とも思う。


女性がどこにいても、
もっと自分の仕事に自信を持って、
誇りを持って、働ける、
そんな社会にしたいんですよ。
ちょっとだけ働く、
お金のためだけとか、息抜きのためじゃなく、
やりがいのため、自分のアイデンティティのため、
自分の人生の一部のため。
ちゃんと成果出して、
ちゃんと評価されて、
ちゃんとある程度、稼げる。
そんな働きかたがあってもいいし、
それは、
仕事を大事にするとともに、
子育てを捨てるということじゃなくていい。

男性にとって、父親になれるという喜びと同様に、
女性にとって、母親になれるという喜びを
とっても大事にできるということは、
人生にとって私は素晴らしいことだと思う。

昨晩もね、娘が、夜泣き&寝言で、
「お母さんがイイ〜〜〜〜〜!!!」
と、泣き叫んでる。
そんな姿をみながら、
嬉しいのですよ、母は。
彼女になくてはならない存在でいられることに。

それを選べないなんて、もったいない!
と、私は思う。
IMG_7304


いろんな生き方があってイイし、
いろんな価値観があってイイ。
だから、
女性が、
バリキャリ以外は活躍できない、成果出せない、評価されない社会は、
やっぱりダメでしょ。
多様ないろんな人が活躍できなきゃ。
いろんな価値観で、自分らしく子育てや仕事をし、
自分らしく活躍できるという社会にしたい。

そのために、
私は、情報発信だけじゃない、
もう一歩、そういう女性たちを後押しするような、
そんなことを仕掛けていきたいなぁと思ったんです。

決意新たにw
まずは、言ってみる!!言ってみた!
そして、小さな行動を。

まずはちゃんと現状や前例のリサーチから。
そして、
自分が何ができるのかを、考えつつ、
早く、小さな一歩を踏み出したいと思っています。

早々にプラン練って、
いろんな方のところに、
ご相談に伺おうと思ってます。
よろしくお願いします。

=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 三周年活動報告書が出来ました!
    https://goo.gl/9srEYY

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html