小学校、年10回、土曜日は学校があります。
今週土曜日も長女は、授業。

研究授業など、土曜日に行いたい理由もあるのかも。
そして、
土曜日を有効活用しようという、国の政策。
>  https://goo.gl/xkk1FJ
>  https://goo.gl/ug4q4Y
名称未設定


年3回、月曜日の振替休日の矛盾


問題なのは、土曜日授業ではなく、
その土曜日授業のうちの3回は、月曜日が振替でお休み。
そして、その振替の月曜日は、もちろん、自動的に放課後児童クラブもお休み。
つまり、
働いている親は、その日はお休みを余儀なくされるわけです。

私は、なんとか、
デスクワークにして、在宅で仕事をしてみたり、
OKa-Bizに行くときに一緒に行って、実家の母に預けたりしています。

働いている他のママたちに聞くと、
みんなで代わり番こで、子どもたちを預かり、遊びに連れて行ったりしているケースもあるそうで。

・・・いやー、しかし、なんか矛盾。

なぜ、月曜日を休みにするのか?
そもそも土曜日やらない、とか、
春休みや夏休みの日数を削ってやるとか、
他にもやりようはあるはずじゃないかって。


働く人の月曜日3回の重み


いや、何言ってんのよ、たった3日でしょ?!
って、思うかもしれません。

しかし!!!
働いている親にとっては、
この月曜日3回のお休みは、とても痛い。

そもそも休みを取らねばならないことは、
他にだって、山ほどあるのです。

学校の行事、
学校の当番、
保育園の行事、
子どもの体調、
家の仕事や予定、
地域の当番など、、、
家族旅行だって行きたいよね。。。。

有給なんて、自分のために使う前に、
あっという間になくなります。

そもそも平日に学校をお休みにできたのは、
お母さんが専業主婦とかで、
いつでも無理せずに、家で子どもを受けられたから成り立ったこと。
しかし、
やっぱり、この今の働く人を増やしたいと思う政府の政策と、
この教育政策はチグハグだなーって思うのです。


学校のブラック職場化を加速させているのでは?


でも、もっと重要なのは、
先生たちのワークライフバランスはどうなんだって問題。
ただでさえブラック企業と言われる教諭の仕事。
3日間は、逆にお休みが取れるわけだが、
年に7日間、働く日を増やしてるし〜〜〜〜〜!!!


結局、働き方改革が早急に求められている


しかしね、
働くお母さんの課題も、先生の課題も、
どちらの課題も、
実は、
在宅ワークなど、もっと自由な働き方ができたり、
もっと学校の現場が、
先生たちのボランティア精神などに頼らず、職場環境として改善されることで、
解決できるなとも思います。

やっぱり必要とされることは働き方革命。
そこに、行き着いた。

何よりもまず、
大至急、働き方改革を進めていくべきですね〜〜!!



=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 三周年活動報告書が出来ました!
    https://goo.gl/9srEYY

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html