先日は、子どもたちの保育参観でした。
9時から16時まで。
3クラスを渡り歩く。
長女も年長さんなので、こんなのも今年が最後です。

私は女の子しか育てていないので、男の子を見て、違いを感じたり。
こんな時、そんなことも面白いなーと思うのです。
image

image

image


先生たちの処遇、低すぎじゃないですか?


娘たちが言うには、
「あの先生は、9時までお仕事しているよ。
 この先生はね、11時までかかるんだって。」
って。
先生に聞いたところ、
「よく見ていますよね」って、笑って、ごまかされました。

娘たちの通う保育園は、
その使われるほとんどの教材や、イベントの案内などは、先生たちの手作り。
そして、
こんな行事のたびに、先生たちは、何をしようか考える。
いや、イベントがなくても、
先生たちは、明日、子どもたちと何をしようか、考えるわけです。

遅番、早番があるのはよく知っています。
早い先生は、7時頃から、
遅い先生は、19時まで。


先生方は、子どもたちの保育を終えてから、
または保育の間に、事務業務をし、
そして、
きっと、仕事の後に、明日何しようかを考えるんです。


先生になるには高い能力が必要


先日、先生たちを見ながら思いました。
保育園の先生たちは、もっと評価されていい!!

1.子どもたちが一番成長する時期に影響力がある
子どもたちが大事な時期を預かってもらっています。
起きている時間でいうと、
7時〜9時は私。
9時〜18時は保育園。
18時〜21時は私。

って考えると、
9時間保育園、5時間家庭。
保育園が圧倒的に多いわけです。

我が家で岐阜弁は、ほとんど出ません。
私は三河弁は喋れても、そもそも岐阜弁は喋れない。

でも、娘たちは岐阜弁です。
先生たちの影響は大いにあります。

だからこそ、
彼女たちは高い保育ノウハウと技術を持っています。


2.子どもたちにもわかりやすく説明する高いコミュニケーション力

あの子どもたちの相手をします。
もうね、私は一人対一人、いや三人いますが、
これだけでもう大変。

でも先生は、20人近くを相手にしています。

なんでも自分の自由にしたい子どもたちに。
その子どもたちに、
わかりやすく、かつ、ワクワクしてやりたい〜!を引き出す。

複雑な物事を簡素化して、わかりやすく簡潔に伝えることって、コミュニケーションではなかなか難易度高いことだとおもいます。
それに加えて、ワクワクまでさせちゃってやっぱりすごいなーと思うんです。


3.親とも理解しあえるコミュニケーション力

そして、
保育参観始め、モンスターピアレンツと言われる人種もいる中、
親たちにも理解できるように話をしなければならない。

これって、ね、
結構すごすぎる技術ですよ!!!


4.強い精神力、高い志
先生たちはあまり怒りません。
とっても穏やか。
頭下がります。

今日も私は、眠たい次女の突然の癇癪に、こらーって言ってしまい、
後から反省です。

先生たちは優しいのよね〜。

それって、きっと、
精神力の強い人と言いましょうか、
高い志があってのことだと思うのです。

本当に頭下がります!


もっとリスペクトを!もっと処遇改善を!!


だから、
先生たちはもっとリスペクトされるべきだし、
保育士はもっと崇高な職業だと理解をして欲しいし、
そして、
それは、結果として、評価、具体的に給料に反映されるべきだと強く思います。

そうすることで、
本当は保育士を目指したい優秀な人材が、
もっと保育士という職業についてくれます。
それは、
より世の中の女性たちが社会で活躍する後押しにもなる!

先生たちは素晴らしい!!
そして先生たちのおかげで、この国の子どもは育ち、
そして、私たちは仕事をさせていただけます!!!

本当にありがたいです!

=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 一周年活動報告書が出来ました!
    http://www.oka-biz.net/pdf/okabiz_report.pdf

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html