今日、
「成功事例を真似ようと思うと、うまくいかないのでは?」
そんな話をしていました。


真の課題が見えているか?


成功したことを、ほぼ丸パクリする。
同じような状況下にあって、同様な手法を使えば、論理からすると、成功しそう。
だけど、成功しない。

なぜか?
個々のケースで微妙にいろんなことが違うから。
ということだけじゃなくて、
個人的に思うのは、要は、課題設定が肝だと思うんですよね。
そして、そこから発生する目標の設定。

そう、つまり「その真の課題は何か?」
その課題設定が間違っていたり、ずれていると、
うわべだけをまねることになり、結局そのポイントを外してしまう。
同じように見えても、上滑りしていくんじゃないかと思うんです。

つまり、
本質を変えないと、解決しないと何も変わらないのに、
うわべだけを変えたところで、何も変わらないということなんじゃないかって。


ポイントは「なぜそうしたか?」


それは個々の仕事に置き換えてみてもしかり。

例えば、
私たちもf-Biz小出さんの手法を学ぼうと、日々小出研究をするわけです。

そんな時や、こんな時はどうするのか?
ポイントを抑えているつもりで、ついつい、個々の場合の細かなところの手法が気になる。

答えは、ケースバイケースでしかない。
抑えることは、ポイントなはず。
なのに、
なぜそうしたか?よりも、どうやったのか?が気になってしまう。

そうなんですよ。
ついつい人は、小手先のことが気になってしまう。
でもそれはね、
結局、本質を理解していれば、
その先の小手先のことは、そんなに重要ではない気がしてならないのです。


目標と手段がごちゃまぜ?


ずっと以前、ある友人の夫婦間でうまく意思疎通が取れないみたいな話をしていたんです。
その時、私は、「ふんふん」って聞いてあげればいいじゃないですか?と答えた。
すると、隣にいたETIC.の山内さんに、
「高嶋さん、それはダメだよ。
 ちゃんと向き合わなきゃ。
 ちゃんと相手の話を聞いて、ちゃんと真剣に考えなきゃ!」
って、言われたことがあります。

いやー、その時、大反省したんです。

そう、
本質は、話を聞くことじゃないんですよね。
あなたは、その人に向き合っているか?ってことなんです。
そのために、話をちゃんと聞いてあげることが必要だったんです。

つまり、
目標と手段がごっちゃになってしまっていた。
それでは解決しないんです。


鶏が先か?卵が先か?


仕事でも、私生活でも、
何かを乗り越える時って、ステップを上がりたい時って、
確かにうまく乗り越えるために、技術が欲しくなる。
テクニックを身に付けたくなる。

でも、
一番大事なことは、本質に向き合うこと。
真の課題は何なのか?をちゃんと突き詰めること。
その上で、適切な目標が定まる。
そこで、必要なのが、手段・テクニック。

一方で、
真似し続けることで、本物になることもある。
それはね、
しかし、やる中でポイントを抑えたり、課題や目標設定をきっちと捉えることができたりするんだと思うんです。

つまりね、
やっぱり、いずれにしても、本質にたどり着けるか?
課題や目標の設定がきちっとできているか?
そこで、大きく結果は変わって行くるのだろうと思います。

やっぱり、テクニックはテクニックでしかない。
やっぱり、本質をきちっと捉えることが重要なんじゃないかなって思うんですよね。



=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 一周年活動報告書が出来ました!
    http://www.oka-biz.net/pdf/okabiz_report.pdf

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html