今日は、f-Bizセンター長・小出さんと、岩倉市、関市にて個別相談会でした。
IMG_2024

12239640_1645982245677443_2376292644662412949_n



距離が縮まり、前向きになる


小出さんの相談を受けると、「よしっ!やってみよう!」って、相談者さんがモチベーションを上げられ、実際に行動していくのが、これまでの支援機関との大きな違いの一つ。

今日、改めて相談に同席しながら、その納得感や前向き感を引き出すコミュニケーション力の高さを感じたんです。

小出さんの相談会、事業者さんの顔色が変わる瞬間があるんですよね。
それってね、
「言い当てられた〜!」とか、
「すっきりした!」とか、
そんな感覚がある気がします。

そこからぐっと距離が縮まり、そして、
「なるほど〜!!」って感じで、
「やってみよ!」に繋がる。

・・・決して、怪しい占いとかではないんですよ。


「置き換える」


そうコミュニケーションの一つが、
「置き換える」

置き換えるパターンは2つ。
1. 別の表現で、スパッと言い換える
2. 同様の事象を他で例える


1. スパッと言い換える


まさに、言い当てられた〜!!って感じです。
すっきりします^^

例えば、私たち・「産業支援」でいうと、
「産業支援」って、言われて、何するところかわかりますか?
なんとなくわかるけど、結局よくわからないんです。
これまで「支援業」とか言っちゃって、でもそれって具体的に何って言及してこなかった。

小出氏は、見事に、「コンサルタント」だと、置き換えたんです。


こういうことって良くあります。
新しい分野、新しいサービス・こんな事業始めたいんです。って。
でも、それって何?

つまり、「それって何?」って消費者が思うと、買わない。
でも、具体的にイメージがわくと買うんですよね。


わかりやすい表現に、具体的にイメージできる表現に置き換えることって伝わる。


事業の際、当事者は思いもあって、なかなか言い切れないんです。
だからこそ、私たちは強みを引き出し、そして、人にどう伝えるのかを考える。
その上で、置き換えるってことは、大事なスキルだと思うんです。


2. 同様の事象で例える


なるほどね〜〜〜〜!!
って、楽しくなっちゃうんです。

同様に私たちでいうと、産業支援拠点ってどう評価するのか?について、
小出さんは、ラーメン屋に例えるんです。

美味しければ(=満足すれば)、行列するでしょ。リピートするでしょ。
ザッツオール。

納得するし、かつ、とってもイメージできて、わかりやすい。

だから、みんな、それならやれる!って、思っちゃうんです。


引き出しと、合致を見つける


何に言い換えるのか?
何に例えるのか?

そうできるようになるためには、
引き出しの多さと、合致するものを見つけ出す力。


合致するものを見つけ出すには、場数も時に必要かもしれません。
とりあえず、引き出しの量は、努力で解決しそうです^^

トレンドをとらえるという点でも、「引き出し」を増やすって重要。
引き出しの数、どんどん増やします!!がんばろ!!

今日も学び深い1日でした!
小出さん、事業者さん、岩倉市さん、関市さん、ありがとうございました!!

=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 一周年活動報告書が出来ました!
    http://www.oka-biz.net/pdf/okabiz_report.pdf

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html