先日、ある事業者さんからのご相談。

女性の社長さんと、事業を取り仕切る男性の部長さん。
女性向け、特に主婦向けにサービス展開をしたい、と。

そこで、
女性の抱えている課題を列挙してくださったのです。

その列挙された課題を見て、
「んーーー????」

そこで、聞いてみました。
私 「これってだれが考えたんですか?」
部長「私です!!」


なるほど・・・

私 「そうですね、そういう課題もあるかもしれませんね。
   でも、女性の社員さんたちからも一度ヒアリングをしてもらえませんか?」
部長「なるほど。聞いてみます!!」


当事者の気持ちは、当事者に!


そうなんです。
ターゲットをグッと絞ったのは、とっても良い展開だと感じました。
しかしながら、
列挙された課題が、本当に女性、奥様が、抱えている課題なのかな〜って思ったんです。



そうなんですよ、
当事者の気持ちは、いくら考えてもわからないものです。
そうかもしれない、けど、そうでないかもしれない。
だから、当事者に聞くのが早いんですv

周りを見渡してみると、実はターゲットになる人っていて、
その人から発せられる言葉って、とってもヒントが多いと思います。


あなたは、赤い口紅好きですか?


例えば、男女でも「可愛い」に違いがあるのはよく聞く話。

最近流行りの赤リップ。
先日も電車を降りると短大生がみんなパッツン・ふわふわパーマ・赤リップでしたw
女子の間では大流行り。
可愛いんです!!
でも、実は、男の人からすると、賛否両論って声も大きい。
過激なメイクはあまり好まない。
カラコンとか、つけまつげとかも、同様に過激で好きじゃないって話も聞きます。


また
口に出していても、本当のニーズかというと違うこともある。

当事者のことは当事者にしかわからない。
真の声を捉えることって重要だと思います。


だからこそ、
ニーズも、キャッチフレーズも、とにかくターゲットに聞いてみる。
きっと答えが見つかると思いますー。


=============================================
● 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
中小企業、起業家、商店、農業者・・・どんな方でも、事業の相談に応じます。
ぜひお越し下さい!
 >> http://www.oka-biz.net/
 ** 一周年活動報告書が出来ました!
    http://www.oka-biz.net/pdf/okabiz_report.pdf

▼ セミナー ▼ ※毎月ほぼ各1回開催!
 ・終わったすぐから取り組める実践セミナー 
 ・経営者、著名人などの皆さんから、
  あなたのチャレンジ精神に火をつけるセミナー
 >> http://www.oka-biz.net/seminer.html