3月15日、
東海若手起業塾第7期の最終報告会でした。
今回もやわらぎ・石川治江さん、むそう・戸枝さん、そして一期生のピアの佐藤さんにメンターとしてお越しいただきました。
これまでの経緯から的確で、とっても鋭く、暖かいご指摘を頂きました。
いつも大変感謝をしています。
そして、
起業家の皆さんにとって、これが終わりではなく、始まりだろうと感じています。
この半年間で行ってきた実践や計画作りは、下準備的な物。
ここからより一層事業加速が進んでいくことを、願っていますし、個別にもサポートして行きたいと思っています。

今年度は一歩引いた立場から、起業塾に関わり、そして、途中、出産で離れていました。
最後に、最終報告会に参加でき、私自身も、メンターやブラザーの皆さんの暖かさ、起業家の皆さんの熱気に、改めてこの場の価値を深く感じていました。
2015-03-15-10-10-32



そして、昨日は、東海若手起業塾ブラザーさんとの今年度最後の定例会議でした。

三女・あすも同席させて頂きました。
赤ちゃんが参加?!って、引かれると思うんですけどね、ブラザーの皆さんはいつもとっても暖かく迎えてくださいます。
ブラザーさんには本当に感謝しつつ、とっても素敵な雰囲気をもった企業であること、そして、だからこそ、この事業にもお力添えを頂いていること、改めて感じていました。


7年目を終えて


起業塾7期を終え、約30名の起業家の皆さんがこの場に参加をしてくださいました。
近況を伺ってみると、その後、時に事業を大きく伸ばされ、ミッション達成に一歩ずつ邁進をされている起業家さんがたくさんいらっしゃいます。
いつもそのパワーに尊敬し、そしてとっても勇気を頂いています。
そして、この場が少なからず今に生きている事に、この場のあり方、この場の価値を感じています。
これも、本当に支えてくださる皆さんあってのこと、そしてそれを生かしてくれる起業家の皆さんあってのことですね!


たくさんの学びと成長を頂いた場


独立から6年、
このプロジェクトの事務局をして6年、
このプロジェクトに関わって7年、
このプロジェクトが始まって8年。
 ・・・準備1年、実施7年。

メンターさん、起業家さん、実行委員の皆さん、そしてブラザーさん・・・関わるたくさんの方々から、たくさんの学びをいただき、たくさんの成長をいただき、たくさんの支えをいただき、たくさんのご縁を頂きました。
独立から共に歩き、支えてもらった、私にとってかけがえのないプロジェクトです。
本当にありがとうございました。

新たな起業塾へ


今年度は、現場は事務局のスタッフの皆さんにお願いし、引いた立場で関わらせていただきました。
体制を引き継いで行く中で、私は来年度からは事務局を離れる事になります。
時代もニーズも変わって行く中で、事務局も新たな体制で望む!
このプロジェクトがより地域に必要とされるプロジェクトとして、これからも1年ずつ積み重なって行きますように!