何だか意識して生活しなくても、最近、社会貢献的な商品が溢れていますー。

トイレをあければ、
nepia「千のトイレプロジェクト」。
IMG_6886


チョコを食べれば、
森永「1チョコ for 1スマイル」。
IMG_6885



キリン・ヴォルビック「1l for 10l」だって、
 > http://goo.gl/GsAjrD
ソフトバンク「チャリティ・ホワイトプラン」だって、
 > http://goo.gl/C5uExr
アサヒビール「うまい!を明日へプロジェクト」だって、
 > http://goo.gl/vcnSuG
Appleの「(PRODUCT)RED」だって、
資生堂「椿の夢」だって・・・
 > http://goo.gl/Jhh7Nh
 > http://goo.gl/Q5LwWP

寄付付き商品=コーズマーケティング。
同じ棚に並んでいると、ついついこっちの商品を買っちゃいます。
どうせ買うんなら、買うことで社会が良くなるなら、私はなお嬉しい!


三方よし


企業側になって考えてみると、やっぱり、資源を投入して行うボランティアのCSRには限界があって、でもビジネスや本業とつながる社会貢献は、企業としても非常に取り入れやすいんだろうと思うんです。

学祭で寄付付き商品にした事で、品物が売れた!なんて事例があったことをSNSで呟いたら、「詐欺じゃないか?!」な〜んて反応がありました。

いやいや、でもこれ、皆、ハッピーな取り組みですよ。
消費者は、買いたい物が買えて、人まで助けられてハッピー。
企業は、物が売れてハッピー、
寄付される先は、助けられてハッピー。

皆がハッピーな取り組みは、とっても良い感じじゃないですか。

同じ金額なら、寄付出来る方を選んでしまう。
せっかく使うお金だから、社会を良くする事に使えたら、なお嬉しい!!


ボランティアでは続かない。売れると社会が良くなる


なんでも、ボランティアでは続かない。
お金、労力ともに、出し続ける事は不可能です。
でも、売上につながるからこそ、継続的に社会貢献が出来る。

企業からすると社会貢献のためでもあり、また売り上げにも繋がらねばなりません。
結果として、売れれば売れるほど、より社会貢献ができる!

それって、とっても、いいじゃないですか!!

ということで、
OKa-Bizで2月24日にセミナーしますー。
> http://goo.gl/j6hdLQ