産後40日が過ぎました。
自宅に戻って10日。
産後の準備なしでの1ヶ月の入院のせいもあり、ようやく三女を迎えた新生活の片付けが一段落。
家事や育児との新しい生活リズムがなんとなくできつつあるような、まだまだ慣れない生活です。


あっという間のルーチンな一日


新生活の毎日、あっという間に一日が終わるのです。

授乳して、朝の支度、世話をして、送り出して、授乳して、掃除して、授乳して、片付けして、授乳して、ご飯作って、洗濯物たたんで、迎えに行って、ご飯食べさせて、お風呂入れて、授乳して、寝かして、洗濯して、明日の準備して、洗い物片付けて、授乳して、、、
って、やってたら、あっーという間。

夜中も起こされ、一日3〜4時間の睡眠。
昼間にお昼寝すればーなんて、そんな時間もないくらい、一日はあっという間です。

そして、毎日、毎日、同じことの繰り返し。
家事ってそんなものかもしれませんが。


今日は何人と話したのか?


「孤育て」なんて表現されますが、我が家も核家族。
旦那さんは、仕事を調整して、可能な限り子育てを手伝ってくれてます。私は子育てを一人で抱え込むことなく、孤立せずにすんでいます。
しかしながら、この家事・育児ルーチン生活、私はほとんど家族以外の誰とも話しません。

今日、口をきいた人は、宅配便さんと、保育園の先生。
んー・・・話した内に入りません。
あとは、子どもたちと旦那さん。

よくお話をする子どもたちと言えば、
泣くし、怒るし、文句言うし、屁理屈言うし。。。報われません。
でも、ニコッとすると、ニコッとしてくれるのは、救われるかな。

とにかく家事や育児は、誰とも接点がない。
子どもが生まれたばかりのこの時期は外にも出られないから、どんどんと内にこもっていくのが、自分でもよくわかります。
SNSで外の世界とつながっている気がする、なんて本気で思っちゃうんです。
今や、ネットがお友達 ^^;

この状況、正直に滅入りますねぇー。
これは、ママ友が少ない私だからかもしれませんー^^;
主婦って大変だし、孤独だなぁって、改めて深く思います。
しかも、私はこの生活、まだ10日なのに!

きっと全国の子育て中の母親が感じているかもしれませんねぇ。
子育ての孤立感。
そして認められることも、褒められることもないんですょ。
エスカレートすると、育児ノイローゼになり、虐待につながる。
本当にそう思うのです。


今日、何人と話しただろう。
今日、何人が私を認識してくれただろう。
・・・って、そんな毎日。
私、大丈夫か?って思う。


「孤育て」から脱出するために


ある海外では、産後一ヶ月後からの方が、一人にしないように周囲の人が気を使うと聞いたことがあります。
産後一ヶ月までは体調も不安定で、生まれたばかりのお祭り騒ぎもあり、みんなが気にかけてくれている。
しかし、一ヶ月を過ぎると自宅にも戻り、誰も気にかけなくなる。
母親の周りは急に寂しくなり、子どもと二人だけ取り残されたような状態になる。
だから、一ヶ月後から、一人にしないようにより気を使うのだと。

こういう些細な気遣いって大事だなぁと思うんです。
痒い所に手が届くというか。
真をついている。

我が地域での一ヶ月後の行政の家庭訪問は、その一端を担おうとしてるのかもしれません。
が、単発ではやはりカバー出来ない事も在るし、行政だけではカバーできない事もある。

日常に戻るからこそ、万全ではないのに見逃されがちな状況もある。
産後の過ごし方、そして見守り方には少し工夫が必要ですよね。



ということで、
私は少しずつ仕事のメールなども開こうかと思うところです。