そう!
子どもが3人に増え、てんやわんやの私を助けてくれているのは、旦那さん。

どういう役割分担で、どういう子育てのスタイルをとるのか。
これは、そもそも個人の、そしてそれぞれの夫婦での考え方があるから、どれが良くて、どれが悪いとかはないと思う。
どれも良い!と私は思うのです。

あくまでも、私たちは、いやうちの旦那さんは育休を一ヶ月とらないスタイルで、育児参画をしてくれているのです。


旦那さんの一ヶ月育休を考える


旦那さんが育休を一ヶ月とるのは、ナンセンスだ!と私は思っている( ̄^ ̄)ゞ

考えても見てください。
子育てって、一ヶ月間だけじゃない。
そぅ、ずーーーーっと続くんです。

だから、長く子育てを一緒にできるスタイルを模索したいなぁーと。


1ヶ月育休よりも、時短勤務のススメ


そもそも一ヶ月の育休を取れる男性は、まだまだ少ないのだろうと思います。

三女を出産し、自宅に戻り約半月。
言われるでもなく、
旦那さんはできる限り保育園の送り迎えをします。
そして、できる限りお風呂の時間には帰ってきて、子どもたちをお風呂に入れ、少しの団欒を楽しむ。
忘年会シーズンなのに!です!!

今日もキッチンから、父娘4人の団欒を眺めて、「あー、いいなぁ」って。

こういう育休ではない、育児ための時短勤務という時間の使い方だっていいなあと思うんです。
時間を合計すれば、1ヶ月休みを取ったのと変わらない時間の使い方。

夜中まで働いていたなら、少し早めに仕事を切り上げ、
お風呂に入れる、または団欒の時間を持つみたいな感じ。
そんな本人なりの育児への姿勢、そして時間の使い方をしてくれると、とっても助かるし、長い時間、子どもの成長を共有できる。

私たちのような仕事をしている人は、場所に左右されないので、子どもが寝てから仕事すればいいわけでw


1ヶ月育休はうらやましいけど、うらやましくない


まぁ、とは言ってもです、
確かに、1ヶ月丸っと休みを取って育児をすることは、育児への責任感が芽生えたりとか、たくさんの計り知れないメリットがあると思う。
そして、育休あけた時、それからの生活って、きっと変わるんだろうと思います。

あの入院時の2〜3日ですら、その片鱗を感じた!と本人は言っていたほどですから。
きっと1ヶ月もあれば、何かが分かるはず。
どう変わるのか?は、分からないんですけどね・・・。


個人がどう生きたいのか?が大切。


三人目にして、何かに強制されるとかではなく、自然とこのスタイルに落ち着きました。

一人目の時、
最初は、育休取るの取らないの。
休みを調整するのしないの。
と、やいのやいの、その都度、肩に力が入っていたのものです。

そんなことも経験しながら、2人目、3人目と増えていく中で、子どもたちの成長を見守ることで、一方で仕事も忙しくなる中で葛藤しながら、自然とこんなカタチになりました。
「夫婦がどうありたいか?」話し合って、なんて話も聞きますが、そんなこともなく。

最近思うんです。
これは確かに夫婦の問題なんですけど、でも個人がどうありたいか、どう生きたいか、なんだろうなぁと。

最近、旦那さんは、葛藤しているようです。
仕事だって成果が出つつあって、休みなく働きたいし、でも家族との時間も大切だからどう折り合いをつけるか?って。

一方でもちろん私だって仕事で成果出せるようにガッツリやりたい!
でも、当面は家族を第一優先にするって決めたんです。
語弊がありますが、私はスピード感ある仕事は一定期間諦めた人。
でもね、夫婦ともに諦めないって選択肢あると思うんです。
旦那さんも諦めない。私も諦めない。
ベビーシッターだって、家事代行だって、行政のサポートだって、深夜の託児だって、共にガツガツ働いたって、きっと子どもと暮らせる方法あるんです。

でも、
私はそれを選ばなかっただけ。
これは夫婦の形ではなく、私がどう生きたいか?

確かに子育てや家事をどう分担するかって夫婦の問題です。
でも、結局個人がどうありたいか、どう生きたいか、があって、それを叶えるためにどう分担するのかがある。
お互いに個人が尊重されて、カタチが出来上がる。

子育ての時期って、ちょうど仕事も成果で初めて、アブラののっている時期なんですよね。
だから、
24時間しかない時間をどう使うのか?って誰しもが葛藤するはず。
そして、それぞれにベストなカタチを模索することが、家族になっていく過程なんだと思います。



ということで、
旦那さんに大変助けられて、三人の子育ても楽しみ、そして、ますます家族になっていく感じですー。