今日もOKa-Bizな1日。
相談4件と会議を1本。ギュッと毎日、詰まっています。

ハロウィンは市民権を得ているのか?!


コンビニに入ると、ずらっと並ぶハロウィン商品。
IMG_4931

アルフォートのこんな小袋商品までハロウィンでした!

スーパーの売り場を見ても、百貨店の売り場を見ても、アミューズメントパークを見ても、街中は、ハロウィンで装飾されている。
「ハロウィン」はかなり浸透していて、市民権を得ているように映ります。


季節性を取り入れて話題づくりを!


そこで、ご相談を受ける企業さんにも、展開の一つとして、例えば、ハロウィンを取り上げてみてはなんて提案もしてみます。

季節性を取り入れた商品展開、サービス展開、講座展開などから、話題づくりをする。

でもね、
ハロウィンなんて、まだ一般の人は関心ないでしょ?
なんて、ディスカッションの中には出てくる事もあります。
確かに、ハロウィンパーティーをするとか、子どもがお菓子をもらいに回ってくるとかという習慣はまだあまりないかもしれません。
特に地方においては。
でも、コンビニしかり、アミューズメントパークしかり、
日本人にも、確実にハロウィンは季節の行事として組み込まれているんですよね。



ちょっとした新しい事業の切り口を考える際、
話題づくりとして「季節性」を取り入れたことから出来る展開を考えてみてはどうでしょうか?