先日、社会福祉法人むそうの戸枝さんのプレゼンを聞いて、感動し、そして涙をしそうになりました。
 > 社会福祉法人むそう http://www.musou03.org
 > 戸枝さん http://hiromoto.seesaa.net

そんなコトから、戸枝さんから学んだプレゼンのポイントについて、忘れないように、自分へのメモです。

プレゼンのポイント/定量的、定説的に説明出来ているのか?


・定量的に定性的にちゃんと説明をする。
 ー現状の数字、未来の数字を提示し、課題をしっかりと認識してもらう。
 ーそして、その事業がある事で変わる当事者のストーリーをしっかり伝える。
・その原因がどう起こっているのかを、しっかり説明する。
 ー課題の分析と、分かりやすい図での整理
 ー分かりやすいステークホルダーの整理
 ーだから、何が足りていなくて、何が課題で、何をするとどう解決するのか、
  誰にでも分かるように説明をする。
・分かりやすい事業説明・提案と、事業の必要性を伝える
 ーだから、この事業が必要で、そして、だからこの事業をするんだ。
  ・戸枝さんの場合は既に仮説の元に自己資金を投じ試行をしていて、
   そこから具体的にかつ数字も踏まえた事業提案が出来ている。
 ー相手に何を望むのかを伝える。
  ・相手は何をすることでこの課題に当事者意識を持ってもらい、
   そして、どんな役割を果たす事で、この課題の解決が進むのかが明確になる。  


最後に・・・社会起業家に向けて


ご一緒した機会は、社会起業家を育てようというプロジェクトの場でした。
そこでの戸枝さんからの起業家へのエール。

「もっとガッツリ儲けましょう。
 そして儲かったお金を次の課題解決に投資しましょう。
 次の目線を持って、動いて行く事が大切。」

そんなエールが、とっても新鮮で、そして大変な大変な共感でした。

社会起業は儲けちゃいけないとか、ボランティアなんだろとか、思ったり、思われたりしますが、いや、違うんだ、儲けよう、そうすればもっと社会が良くなる。

このメッセージには、グッと来ます。

儲けちゃダメだ、社会のためなんだから。社会にイイコトしているんだから。
資本主義社会で、そんな偽善的な話よりも、
そんな事言っているよりも、お金を稼ぐ事でより社会が良くなるんだ、するんだ。
その方がリアリティがあるし、実が伴う。


改めて大変な尊敬を感じて過ごす数時間でした。目線をあげて頑張ろう!
ありがとうございました!!



名称未設定