私ごとですが、
8月28日に、33歳を迎えました。

ついにきました、さんさん元気なゾロ目です。


ゾロ目・22歳から33歳へ


この前のゾロ目、22歳は大学4年生。
今年と同様、金曜日で、どまつり開催日前日に迎えたなぁー。。。
翌日からの本番を控え、仕事が追いつかない焦りの中で、でも、たくさんの人が祝ってくれ、とっても感激をしたことを覚えています。
その時も、そしてそれからも、たくさんの人に支えられて日々を生きていることに、深く感謝をしています。

思えばその時から11年、悩んだり、さまよったり、選んだり、広げたり、諦めたり、、、いろいろありました。
30代に入る手前でようやくぐっと覚悟決め、腰を据えられ、今の道を歩めている事。
そして、私生活では結婚も出産もしました。大きな価値観の転換をしつつ、今の自分が出来ています。


思い起こすと、20代半ば過ぎ、道を悩んでいた時、ETIC.の山内さんに言われた一言が、今の私への岐路だったように感じます。

「それはあなたでなきゃ、できない仕事なのか?
 出来る事務局員ではあるかもしれない。でも、
 誰かの代わりはいつでも出来る。もう少し踏ん張ってみてはどうか?」

能力を認めて声をかけてくれる事はとっても嬉しい事。
自分も好きな分野だし、心地よい環境で、活躍イメージも湧く。
でも、グッととどまり、足を踏み入れ始めていた自分にしか出来ないかもしれない道で、まずはもう少しじっくりともがいてからにしようと思ったのです。
そして、今の私がある。


「32歳」を振り返る


ブログを読み返し、32歳の始まりを思い出してみました。
育児と仕事とのバランスが上手く取れるようになってきて、
ますます仕事も頑張ろう!と意気込んで始まった一年間。

32歳は、大きな集中と選択の決断の年だったと思います。
大きく振って、大きく戻したみたいな感覚。
よい着地点にたどり着けた、そんな感じがしています。

ようやく、いろんなことが吹っ切れた。
ようやく、30代、腰を据えられるかな。

仕事では大きなチャンスも頂き、実りもたくさんあった。
その中でやりたいこともたくさん広がり、あれもこれもやってみたいと、そして、出来きらないままでもとっても忙しい日々を過ごしました。

でもね、その中で、これじゃいけないなと思ったんです。
忙しくて、自分自身が子どもに向き合う時間が減りました。
そして、私以上に旦那さんは忙しくなっていく毎日。
そもそも旦那さんが家族といられる時間はとっても少ないのに、その日に私も仕事が入ったりして・・・。
そんなに大袈裟な話じゃないけど、でも家族がすれ違う感覚がありました。
あぁ、このままじゃ本当にすれ違ってしまうなぁ、ダメだなぁと。


ペースを落とす時。
そんなニュアンスのフレーズが白河桃子さんの本にもありました。
子どもを産んでからわかっていたつもりでしたが、本当はわかっていなかったのかもしれませんね。
そんな中で、改めて、自分に何が一番大切なのか、じっくり考えました。

私には、娘たちがとっても大切。
今の一瞬一瞬しかない、彼女たちとの時間をもっと丁寧に過ごしたい。
その時間をしっかりと確保できた上で、
そして仕事もじっくりやる。
そのために、将来も見据え、今限られた時間の中ですべき集中と選択をしました。
苦しかったし、いろんな人にもご迷惑をおかけしたと思います。

そんな中で迎えられた33歳。
33歳は、仕事は集中し、ガツっと深く。
そして、プライベートは子どもたちと、丁寧に時間を楽しみたいなと思っています。


40歳に向けて、地道に成果を積み重ねる


今年は、仕事面では集中してガツっと深く行きたいと思います。
優先順位をしっかりつけて、今できること、すべきことをしっかりやる。

これから5,6年、30代はそんな感じで地道に地道に力をつけて、歩みたいな。
40代、次の展開が開けるように。焦らずに。

この産業支援という世界の中で、トップランナーとなれるよう着実に実績を積み上げる、その二年目にしていきたいと思います。
きっとトップギアに再び入れられるようになるだろう40歳に差し掛かる頃、その道のトップランナーであれらように、この一年もコツコツと積み重ねたいと思うのです。


33歳、3人目!


33歳は、3人目、産みますっ!!
さんさん陽気な三人姉妹。
さんさん陽気な家族を目指して。

新生児を迎えるのも、きっと最後の機会。
これまで以上に、3人の子どもたちと丁寧に向き合い、楽しむ一年にしたいと思っています。


30代って、積み重ねる一年一年


28歳で出産。
仕事はペースダウンして、悩みもあったり、葛藤もありましたが、5年経ってなんだか嘘みたいに吹っ切れた感じ。

今は本当に自分なりに上手くバランスとれて、楽しめてる感じです。

今やるべき、今したい、今しかできないことを、全力で走り、楽しむ。
これまでと変わらない、これまで以上にそうしていきたいなぁ。
そんな30代を送れつつあることに、とても充実しています。

30代って、覚悟を決め、集中する10年なんだと思うのです。
そう思えたこの1年。
そして、それを貫くこれからの1年。
大きな変化がない事、それもまた楽しめる毎日を過ごしたいと思っています。



これからも、楽しく頑張ります!
サンサンと輝く33歳のタカシマも、よろしくお願いします!!


2014-08-28-20-10-30

 ↑ 家族が祝ってくれましたー、1枚!