先日、f-Biz小出さんとの意見交換の中で、こんなお話がありました。

小出さんがとある支援機関から、支援機関に依存する事業者さんにどう対応をしたら良いか?という質問を受けたと言うお話でした。
小出さんは、このように答えます。
相談を受ける側が事業者さんが動かない、またやってくれと依存すると感じる時、それは相手が納得していない、満足していないという現れである。
相談に対して提案する戦略の質が低い、つまり力量不足が理由だ。


大変納得です。
事業は、事業者さんがリスクを取って行っている事業。
提案が腑に落ちない、またはやってみたいと思わない提案であれば、もちろん動かない、満足されない。
それは、納得していただく、腑に落ちていただくような戦略の説明、提案が欠けている。
私たちコンサルとしての力量不足が原因なのです。

相手が悪いと開き直る事は簡単。
しかし、それではいつまでも解決されない。
事業者さんは今よりも良くありたいと思って、忙しい時間を割いて相談に来てくれている。
だからこそ、少しでも力になれるように、踏ん張る、良い方向を一緒に模索する、そして、よしやってみよう、これなら出来るかもしれない、そう思って、帰ってもらう。

これが、私達の使命。
そして、そう言う一瞬一瞬を、どの相談に置いても作って行くように、日々努力を重ねて行くべきだと思うのです。


さぁ、明日も一所懸命、頑張ります!

名称未設定