先日、東京商工リサーチが出した女性社長の全国調査。
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20140512_03.html
2014-05-22-00-55-10


またも、岐阜は女性社長率が7.2%で最下位ですー。
昨年は7.1%で最下位。0.1%の上昇 w
今年の全国平均が11.1%。昨年が10.7%だったので確実に全国はググッと女性社長率が上がっています。
ちなみに、1番はやっぱり東京。13.5%。

20140512woman1


女性の「プチ起業」


全国の女性社長数は、2010年の21万人から増加を続けて、2013年には28万人に達した。これまでは、親や配偶者などから事業を引き継ぐ同族継承パターンが多かったが、最近は女性の視点を生かしたビジネスの起業や、最初は小さく始める「プチ起業」の動きも注目されている。

まさに「ぎふ女性経営者懇談会」に私が出席を求められたとき、
実は事業承継がほとんどで起業している人って少ないんですって、ご担当の方からおっしゃっていただきました。

しかしながら、この「プチ起業」は、現場にいて確実に増えてきていると実感しています。
私がこのニーズを知ったのは、小出氏に弟子入りした8年前。
そして、OKa-Bizのご相談の中でも、起業のご相談は女性が半分ほどではないでしょうか。
自分の体験や経験を受けて、起業したい!といらしていただきます。

だれでも起業をすれば良いとは全く思いませんが、しかしながら、
女性が新しい生き方、働き方を模索するのに、起業の選択肢があることは、とっても幅を広げる事だなあと感じています。

女性活用の姿勢の強まり


企業サイドでも組織の活性化を図るため、積極的に女性を活用する姿勢が強まっている。さらに、政府も成長戦略の一環として女性の活躍を推進する方針を打ち出すなど、追い風が吹いていることから、今後も女性社長の増加傾向は続くとみられる。

会社の中でまだまだ活かし方がわからないという声を聞くことも多いです。でも模索を始めている企業さんも多い。
こういうことはルールを変えても急激には変わらない。だから、ジワジワっと、でも辛抱強く、皆の意識とともに、着実に変わって行くんだろうと思います。