昨日は一日、OKa-Bizにて、
日本の産業支援では日本一!
富士市産業支援センターf-Biz・小出さんにお越しいただき、
特別個別相談会の実施です!
約6時間滞在いただき、5件の相談と、
OKa-Bizの戦略会議と濃密な時間を頂きました。

0112


OKa-Bizの相談を受けながら、日々感じている事ですが、
しかしながら、本日も改めて、
地方にはやっぱりこんなに魅力的な、
そして、スゴイ技術を持った、可能性を秘めている企業さんが、
こんなにもたくさんあるんだ!!
ということに、目が輝いた一日でした。


小出さんの相談に同席して、やはり改めて思う事ですが、
小出さんの相談機能の手法は、
お越しいただいた皆さんに、気付きを得てもらい、そして、
モチベーションを上げて、帰っていただくという事です。
そして、その後のチャレンジをしっかりとサポートする。

つまり、提供している価値は3つ。
・気付きを得てもらう事
・事業に対してモチベーションが上がる事
・チャレンジを継続的にサポートする事


ここが、他の産業支援施設の相談機能との違いであり、
かつ、大きな差別化のポイントです。


相談の中で、
「課題」という言葉は、一度も出てきません。
ダメだしは、ありません。
財務諸表は、見ません。
今日も、
すごいですねー、
続いているからには、支持されている理由がある、
私たちと一緒に考えましょう、
という言葉を、小出さんから何度も聞きました。


「売上が上がる」
つまり、
「ターゲットが欲しいと思い、手に取るためにどうするのか?」
とにかく、
その企業の強みを探します。
そして、
その強みをターゲットにどう上手く伝えるのか?
そのために、すべき事、やれる事、
しかし、コストをかけない事、
企業が、前向きに、ポジティブにチャレンジできる事を、
一緒に探し、考えます。


だから、
相談を終えると、
事業者さんは、前向きになり、
よしやってみよう!と思い、
モチベーションを上げて、帰って行く。
来た時と、帰る時、
誰が見ても、圧倒的に顔の表情が違っています。



小出さんのお話でよく出てくる言葉。
・悩みを抱えていない企業なんてない。
・今よりも、皆、少しでもよくありたいと思っているはず。
・企業は、売上を伸ばしたい。

そのために、
私たち支援施設は、全力でサポートをすべきなのです。

そして、OKa-Bizは、そういう相談拠点です。
他の相談施設とは、
「相談」という行為は一緒ですが、
目的も、課題設定も、アプローチも違う別物なんですよね。


こういうサポートを行う常設の相談拠点は、
富士市、豊島区、そしてOKa-Bizの3つ。
OKa-Bizは、オープンからありがたいことに、
とっても支持を頂いています。

事業者さんの、根本的な事業課題を解決する。
つまり、「売上を伸ばす」。
そのために、私たちも、一所懸命頑張ろう!!
改めて、私自身も、
モチベーションを上げた一日でした!!