「20代の頃、
 私は一体何をしていたんだろう?」


30代、40代、
選択を迫られて、結果を突きつけられて、
自分の状況を見渡し、愕然とするそうです。



メグ・ジェイのTED講演。
 >スーパープレゼンテーション
  http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/131021.html


アメリカと日本、文化や社会の状況など多少の違いはあれど、
共通している点も多く有るなあと思いながら、聴きました。



いろんな事が先延ばしになっている現代、
晩婚になったから、
30までに就職を決めれば良いから、
と、若者はその20代を自分が楽しいだけに使っていないか?
無駄にしていないか?
と、投げかけています。



でも、
30代は20代と違う。




「人生の重大な出来事は、35歳までに80%起こる。」

だから
20代は、
自分自身の価値を高める。投資すべきだと。


なるほどなあと思いました。

だって、30代になったら、
仕事を決めなきゃいけない、
家族を選ばなきゃいけない、
将来を決めなきゃいけない。

でも、
何もなくて、その場では決められない。



「性格は、20代に大きく変わる。」

確かに、私は「どまつり」に出会って、大きく変わりました。
振り返ってみても、その時に形成された物はとっても多い。

それまでは確かに違っていたのになあ。。。
社会の入り口に立って、
いろんなことを知り、いろんな価値観に出会い、
いろんな衝撃を受けて、そして、ガラっと変わったことも多いのです。

A型の私が、
O型に間違えられるのは、きっとその時から。




私が結婚に成功したか?
今の仕事が成功しているか?
それは、わかりません。
もしかしたら失敗しているかもしれない。
他から見たら、失敗かもしれませんよねぇ。

今、こうやって人生を歩いていて、時に思います。
もっとこんな事もしておけば良かった。
こんな投資もしておけば良かった。
もっとこんなチカラも欲しい。
もっとこんな世界を早く見たかった。



でも、
私は少なくとも現時点では、
自分で考え、選択してこの道を歩んでいるし、決断できている。
そして、明確に30代を意識して、20代を過ごしてきた。
確かに、結婚も出産も、計画通りではなし、想定通りでもないけれど、
しかしながら、
女性には、出産というブランクがあること、
女性はそのとき、社会からはじかれる可能性があること、
人生の中で、どうキャリアを積みたいのか?
どう人生をハンドリングして行きたいのか?
それをしっかりと意識し、イメージしてきました。



何がしたいのか?分からない。
そんな20代を過ごしました。
明確に夢を持って、明確に着実に進んでいる人を見ると、
うらやましいんです。
特に周りにはそういう人が多く、
そして、しっかりと成果を出している方が多かった。
だから、時に焦りました。
何もないことが恥ずかしいし、つらいなあと思った事もあります。


何がしたいのか?
何ができるのか?
どうしたいのか?


だから、
30代にそれが決まり、しっかりと地に足つけて、歩けるように、
20代を思ったように過ごす、感じたようにやってみる、
いろんな事にチャレンジしてみる、
与えられたチャンス、チャレンジはとにかくやってみる、
やりたいと思った事にとにかく手を挙げてみる。
だって、
明確にどうしてもやりたい事、使命感をもって人生を注げる物が、
あるわけではないんだから。


30代で深める物、自分の道を決めるために、20代を生きると、
いつの頃からか意識しました。


それがあって、
今があるんだと思います。

もがいてみて、分かった事は、
私には使命感を燃やせる出来事には出会えないという事。
でも、気付くと、
周りにはたくさんの使命感を持った人たちがいました。
そして、夢を持った人たちがいました。
そして、頑張っている人たちがいました。
だからこそ、
この私の周りの頑張っている人を、応援しよう!と。
それが、私の使命。
それを、私の道にする。

まだまだ、まだまだ、先輩方からすれば、30代のひよっこ。
これからさらにさらに積み重ね、
そして、精進して行くばかりです!