では、私は、産後の仕事復帰を機に、
仕事の仕方をどう変えたのか?

私の
5つ
です。


1.自分だけで仕事を抱えない。
自分が持っている仕事は、切り出し、ドンドンと人に任せます。
自分にしか出来ない仕事は何なのか?
それ以外は、しっかりと人に任せる。
しかも、事柄によっては、
自分がやるよりも、他の人の方がずっと得意な事だってあるんですよね。


2.チームを意識して仕事をする。
自分の役割を明確にするということです。
例えば、自分は、情報収集や意思決定をすることを中心に役割を設定します。
現場は面白いが、コツコツと時間勝負な一面もある。
必要な現場はあります。
が、重要な事は、全ての現場に入る事は不可能と割り切り、
自分がいなくても、回るようにすること。
しっかりと情報共有や、すべきこと確認をすることで、
メンバーの仕事が進み、チームで仕事がまわるようにしています。


3.アウトプットイメージを下書きしてから始める。
最初にアウトプットイメージをある程度、固めます。
それには、2つ。
1つは、イメージできない物が出てくる。
その場合は、仕事の発注元に確認をするか、
または、情報が足りないので収集するか、という判断ができます。
2つ目は、並行作業を辞める。
イメージさえできれば、あとはアウトプットイメージ合わせて、
パズルを埋めるだけ。
考えながら、調べながら、作りながら、
修正しながらやりがちですが、それは結局、ロスも多い。
考える、調べる、作り込むに作業を分ける事で、
タイムマネジメントもでき、ロスが減るのです。


4.常に時間を区切り、80%の完成度を目指す。
理由は2つ。
1つは、
仕事の満足度って、時間が経てば経つほど、相手の期待値が上がるもの。
だからこそ、スピード感は大切。
期待されているよりも早く仕事を出す事で、相手の期待値を上回る。
2つ目は、
80%の完成度で仕事のボールを相手に返す事で、
その後の完成度の方向性を確認する事が出来ます。
とにかく、自分の手から早く仕事を離す。
仕事の出来る人は、自分のところに仕事をためず、
早くパスを回している事に気付きます。
手元にためておいても、仕事は進まないんですよね。
そして、時間が経つに連れて、
内容もひらめきも人は忘れてしまう・・・。


5.常に優先順位を確認する
重要度、緊急度から優先順位を付け、
意識して仕事をすることで、今やるべき事が明確になる。
時には、スケジューラーにあえて、その仕事をすべき時間と
明記する事も有ります。
ついつい、随時メールの確認をしていたら、いつの間にか
午前が終わっていた・・・そんな「ついつい」「いつの間にか」を
減らす事は、効率をあげるために、とっても重要だと思います。
そして、
人に仕事をお願いするかどうかの基準にもなる。




改めて、自分が心がけていることをこうやって整理してみると、
実は、育児をしていなくても、
仕事をする上では、当たり前のことばかり。

そして、決して私が仕事が出来る人だとは思っていませんが、
しかし、仕事が出来る人は、そもそもやっていることばかり
なんだろうなあと思います。

でも、
時間制限が有るからこそ、あえて、改めて意識をし直す。
仕事の仕方を変える、大きなチャンスですもんね。

しかし、
時間って、万人に平等だけど、使い方次第。
贅沢ですねー。