7月21日、続けて行ったのは、
東海若手起業塾の第6期最終選考会。

6名の起業家さんにプレゼンを頂き、3名の支援対象者を決定しました。

IMG_1745

※ 写真は講評のブラザー工業・加藤部長。

たくさんの方にお越しを頂き、第6期の対象者を決定する事が出来ました。
今期は、第1次選考からプレゼン審査と、新たな試みを加えて、選考を進めてきました。

選考は、エントリーして頂いた方を落とすための物ではなく、起業塾の支援が一番活かせる方を選ぶためのもの。
なので、起業家さんが本当にやりたい事、どう社会と向き合って行きたいのかなどなどがしっかりと伝わる事がポイントです。
そのため、1次選考から最終選考会にむけて、ブラッシュアップも行っていただき、ハンズオン支援が活かせるのか?また真の課題は何なのか?などなど、時間をかけてしっかりと起業家さん本人にも見極めて頂きました。

回を重ねる毎に、進化をし、時代に合わせて支援側のスタイルも変わっていかねばならないと思っています。
そう言う意味でも、今年も起業塾はチャレンジの1年です。

来週はいよいよキックオフ合宿。
皆さんとこれからご一緒出来るのが、とっても楽しみです!!