1月14日、
第10回目のどまつり合宿でした。
踊っているチームが参加をする集合研修。
何年ぶりかの参加です。

どまつり合宿


基調講演後の分科会で、ワークショップを行いました。
テーマは、地域活性化。
地域から必要とされるチームに育って行くためには、どうしたらイイのか?
そんなテーマです。

どまつりに参加をするチームは、
地域などのコミュニティ単位で結成をしているチームさんが多いのです。
地域のために!と結成するチームも多く、
私自信は、
東海地域、そして、北海道など様々なチームさんを拝見する中で、
地域コミュニティ再生に一役かっているそんな方々を見てきました。

チームが地域のためにと、活動をする。
地域の人たちがチームを少しずつ認め始める。
チームの中で地域の人たちが交流し、輪が深まる。
チームにいると、地域のことがもっと好きになって行く。
チームが地域の雰囲気を少しずつ、作り始める。

....

そんなことが続いて行くと、
微力かもしれないけど、
チームは、地域を少しずつかもしれないけど
変えて行けるかもしれない。
と、感じています。

ではそのための一歩をどう踏み出すのか?
もしくは、踏み出した一歩を、どう次の一歩にして行くのか?

育てていただいた皆様も多い中で、
若輩ながら、少しお話をさせていただき、
そして、ワークショップをさせていただきました。

踊っているチームが地域の一役を担う存在になり、
そして、そんなチームがたくさん集まるどまつりが、
イベントの非日常ではなく、日常を変えて行ける
そんなお祭りになって行くことが、とっても嬉しいなあと思うのです。

お祭りからは離れてしまいましたが、ココが私の原点。
そのお祭りにまたこうした関わらせていただくことができ、
とっても感慨深い一日でした。
そして改めて、皆さんのパワーに、そしてこのチカラのすごさに、
心から感動です。

続けてくださっている皆さんに、
ただただ感謝と、そして、そのパワーに感服です。
ステキな機会を頂き、ありがとうございました。