昨晩、iPadに映し出されたロウソクがたくさん並ぶニュースを見て、
鳥肌が立ちました。

私の原点は、
物心ついた4、5歳の頃、
死んで行く時に、自分の人生を一人でも多くの人と歩き、
夢や感動を分かち合える人生を歩みたいと思ったところからでした。

スティーブ・ジョブズがこの様子を見て、どう思っているのだろうか。
想像が及ぶところではありません。


数年前、
スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式でのスピーチを拝読しました。
 > http://slashdot.org/comments.pl?sid=152625&cid=12810404
 > https://sites.google.com/site/himazu/steve-jobs-speech


"If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?"

中でもこの一文には、とっても感銘を受けました。
毎日、最後の日だと思って、一生懸命に生きたいと。


こんなに偉大な経営者には、なれないかもしれない。
こんなに偉業は、残せないかもしれない。


でも、毎日、毎日、自分が精一杯、やりたいと思った事に打ち込み、
そして、その天命を全うできる一人の人間でありたいと思っています。


スティーブ・ジョブズさんの冥福をお祈りしています。