b3bc132c.jpg安いのが売りだったはずのプライベートブランド。
しかし、赤ちゃん本補で発見!
「単なる日本製ではありません」というPB。
この店にある他の商品よりもちょっとだけ高め。

「日本製=質がイイ」
というのは、共通の認識みたい。
それよりもイイんだ!ってなかなか挑戦的。
だけど、なかなかそそられる。

安心を求める赤ちゃん衣料だから、というのもあるかもしれません。
が、最近はプチ贅沢が流行り。
だから、値段よりもより質のいいPBで、他と差別化をする方向があるのかもしれません。

それにしても、「日本製」がブランド=信用になるというのは、やっぱり強みですねー。