タカシマ、東海若手起業塾ではコーディネーターをさせていただいています。
タカシマの担当は、三州フルーツ工房・鈴木さん。

今日はETIC.の山内さんと一緒に鈴木さんのところにうかがってきましたよ。

農園廃棄しなければならないイチジクが年間約1t出るそうです。
そのイチジクは、穴を掘って埋めている現状。
そこで、そのイチジクを何とかできないか・・・というところから始まった事業なのです。

先日の合宿を経て、もう一つの可能性「イチジク料理」というヒントから、さっそく行動に移した鈴木さん。
今日は試作品ができたということで、イチジク料理を食べてきましたよ〜〜〜!!!
おいしかったです(*´∇`*)

料理今日は、イチジク料理をいただいたほかに、今の農家さんの現状や、鈴木さんの思いを聞いてきました。
農業というコミュニティをどうしていくのか?
もっともっと、農家という点ではなく、農業という面で物事をとらえ、そして考えていかなければならないと感じました。

この半年、いろんな動きの中で、一定の成果を出していければと思っています!!!
これからこうご期待!です.。゚+.(・∀・)゚+.゚