a010c400.jpg3月29日、朝日新聞のシンポジウム「今より10倍欲張り女になるススメ」に参加をしてきましたよ。今より更に「欲張り女(=ヨクバリ―ジョ)」になってどうするんだ!という声も上がりそうですが、まぁまぁ・・・(。・ω・)ノ゙

とっても素敵なお話でした。
1部には経済評論家の勝間さん。2部にはゼットンの稲本さん、タレントのフィフィさんをはじめとしたパネルディスカッションでした。


勝間さんのお話は、今よりも毎日0.2%欲張ると、1年後には2倍。だから10倍なんて簡単よ!かた始まりました。

とっても新鮮で、そして納得感があったのは、「男女共同参画は男性も楽になるからやりましょう!」ということ。女性が社会で活躍をすると、男性も頑張って働かなくっちゃっていう肩の荷が下りる。お互いのニーズをバランスよくし、お互いにwin-winの関係を作ることで、お互いに得をする結果が生まれるということ。

そして女性も男性も、ワークライフバランスではなくて、ワークライフハーモニーが大切。これには、すっごくうなずいてしまいました。タカシマ自身、仕事もプライベートも本当に一緒で。でも、仕事が苦ではないし、むしろどうお互いを活かしあえるのかを楽しんでいることもあります。
仕事も、私生活も、どうお互いを活かしあうか??? onとoffの切り替えじゃなくて、お互いを活かし楽しみあうと、もっと人生が楽しくなるんじゃないともお話をしてくださいました。

そして今よりも自分を「欲張」り、高めていく方法として、好循環の作り方や、InPutとOutPutの方法、キャリアアップの方法を教えていただきました。
その中でも大変自分が痛感をした言葉は、「自分一人で解決できることは少ない」ということ。だから常に人に助けを求められる体制、環境、そしてそういう意識を持っておくことが大切なのだと感じました。


いろんなことを、新しい視点から感じたり、また、うんうんとうなづける点も多くあり、今回、本当に参加をさせていただきよかったなぁと思っています。感謝をしています。ますます「ヨクバリ―ジョ」まっしぐらです!(☆゚∀゚)!

そして今回、何よりもこのシンポジウムを女性記者の皆さんが手作りで、考え、そして実行されたということに、感動をしました。
感じていらっしゃることを、記事で、そしてシンポジウムで伝えていこうと、立ち上がり、チャレンジをした姿に、大変共感し、そして大変感激しました(*´Д`*)
皆さん、本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でしたm(_ _)m