タカシマはまだまだ未熟です。ので、オトナの皆さんにご指摘・お叱りを受けることも多いです。そのたびに学びがあります。有り難いことです。

が、いざ自分が学生の行動が気になったとき、注意するときと、しないときがあります。いつも迷うんですが、注意しない時はたいてい、
「まぁタカシマに対してだからイイかぁ〜」
っと思って。今日もそんな場面がありました。
「あんまり知らないコだし・・・言って、口うるさいヒトだなぁと思われてもヤダし。」
って、でもよぉく考えると、彼は気付く機会を逃し、他でも同じ行動をしてしまうかもしれないのですよね。
それに気付いて、シマッタ・・・っと。自分のことじゃなく、相手の立場になって考えたら、迷うこともなかったのにぃ・・・。

「叱ってくれるのは愛情があるからだ!」と、ちょうど今日も会話の中に出てました。

自分に寄りがちな目線ですが、より相手の立場にたって考えるようにしたいなぁと改めて肝に命じた日でした。