『ほんとのほんとにやり切ったのか??』


インターン生の心構えの三箇条の一つです。

でも、実際にやり切るって、ナニゴトにしても本当は大変なこと。やってもやっても終わりってナカナカやってこない。そうしてるうちに時間がきて、無理矢理終了っていうことが多いのです。自分の中では、まだまだだなぁ・・・まだまだ出来たかも・・・って思うことばかりかもです。

でも先日、こんなにやったのに、そうなるなら、まぁしょうがないかぁ・・・と思うことがありました。
まだまだ足りてない、まだまだ出来ることがある、ほんとに努力したのか?って何度も何度も自問自答し、繰り返しやってきたこと。でも認められそうにない。その瞬間、
「そっかぁ。まぁしょうがない。」
と、ふっと心穏やかになりました。いつもなら努力が足りてないかもって思うのに。

これが「やり切った」ということなんでしょうね。

だからこそ、そんな時にヒトは最も成長するんですね。成長のためじゃない、自分のためじゃない。何かを上手くいかせたいから何度も何度もチャレンジする。そういう環境。わかった気がします。

今は成長したかどうかはわかりません。でもそんなことはどうでもイイんです。。そして例え残念な結果になっても後悔はないなぁ。「諦めてしまったぁ」という後ろめたさもない。悪あがきとかしようと思わない。どう転んでも納得が出来るのですよ。

「やり切る」→一度お試しあれ