今日は1年半ぶりに母校・岡崎学園高校に行って来ました。
大学生時代はどまつりの協賛をもらうなど、校長先生にお世話になり過ぎたタカシマ。近況のご報告であります。

学園を進学校へと変え、共学への転換、大学を創り、中学を創った校長。
「30年もかかった・・・」
たったの30年。その間での偉業・・・。その挑戦精神に久々に触れ、奮い立たされましたよ。
そして校長先生と話をする中で、100年前にこの学園を創立した白井こう先生のすごさを改めて感じていました。あの時代に、女手一つで子育てをしながら学校を創り上げたそのスピリッツに感服です。学ばされるものがたくさんたくさんあります。

高校生の頃にはわからなかったのですが、そういう環境の中で学べた高校時代は、今のタカシマを創る中で大きな影響を与え、大きな価値があったように感じてます。いまさらですが、そのありがたみを感じています。
そして今もなお、応援をしてくださる学園に、心から感謝です。ありがとうございます。