f7232806.jpg
今日は夕方からワッツビジョンの横井社長にお会いしてきました。愛知でタイルを製造・販売されている企業さん。事業から、経営、将来の夢などのお話を、2時間に渡って伺ってしまいました。瀬戸や焼き物への思いを端々に感じて、ステキなお話に吸い込まれておりましたよ。
その中でも社員さんへの思いは社長ならでは。男女協同参画とはまさにこんな仕組みのことで、その仕組みがさらに社員のやる気を引き出しているんだなぁと実感をしたのです。そして、「企業がまず変わり、率先していかなきゃ世の中は変わらない」と言った社長のお言葉に感服です。こんな企業が世の中に溢れていたら誰しもが活かされ「人財」として輝ける社会になるんだろうなぁ・・・と思いました。
ちなみに写真は夢の持ち運び式タイムカプセル。瀬戸物で出来ていて、中に夢を書いた紙をいれるタマゴキーホルダー。いろんな人がこれを持って夢が溢れる社会にしたいという社長の思いからできたそうです。そんな社長は娘さんには高校生のうちに起業しなさいと勧めているそうですよ。ほんとにウラヤマシイ!!若いヒトには自分でモノを考え、仕事をつくり、夢をもってほしいとおっしゃっていました。
こんなステキな企業さん、社長さんに出会えて、タカシマ、心底感激な一日でした。タカシマも改めて社長の側に若者を置かせてもらう意味を確認させて頂いたように感じ、活気を頂きました。地域サイコー!!