どんな場面でもそうですが、「視点」の違うヒトといると自分の視野が広がります。

たとえば昨日の「花火」。
他の花火を見ていて、でもやっぱり岡崎がサイコ―だと思える。なぜか?花火の種類が多くて、繊細だからだろうなぁ・・・って、何も考えないでいるとそんなところで納得をして、花火に感動をしておわってしまうタカシマですが、自分が見ていない視点から、エリアが狭くてしかもプロデューサーの作りこみがすごい!と指摘をされると確かに、あぁそうだぁ〜!!と納得が出来るのです。
世の中的にすごいといわれる建築物を専門家と一緒に見て回る事も今までにない視点を増やす意味ではもってこい。
自分の忘れがちな視点、かけている視点から物を見てみて、その視点を自分の物にできるといいなぁ。タカシマ、視野広げ中です!!