8c44e977.jpg
今日のタカシマは東京です。
朝は経済産業省で打ち合わせ、午後は電源地域振興センターで講演、夜はあきない総研のオープングに駆け付け、今日も全身全霊でぶつかる小出さんに密着していたわけです。
特に午後からの講演会は印象的でした。全国各地から集まった行政マンが対象。小出さんは常に投げ掛けます。「やってみなきゃわからない。だから一緒にやろう!!」。今日だってそのスタンスは変わらないし、メッセージは変わらない。
はじまると、会場は小出さんの情熱が電波したヒトたちの熱気で包まれていました。そんな場面にも関わらず、安易でいかにもくだらやい行政らしい質問が飛んだとき、小出さんがほんとに怒ったのです。会場は一気に緊迫・・・聞いてるタカシマが震えるくらいでした。小出さんは悔しかったのかもしれない。5時間におよぶ講演の中半分近く話してきたのに、それでも何も気付けない今の行政があることに、辛いし、本当に腹がたったんだと思うのです。
でも、小出さんは自分が話し続けるコトで1人でも2人でも変わってくれるヒトがいたらイイ。そのために話し続けると・・・。
続ける、続けれるコトってやっぱりカッコイイ!!

もっともっと「にっぽん代表」が増えてほしいし、増やしていって、本当に日本を変えたいと思うのです。