4月から少しお休みをいただいてる日舞。今日は「ひな菊会」にお誘いいただいて、千雅先生のおどりを観に行って来ました。
まだまだ浅いタカシマは正直なところ、舞台やおどりの善し悪しがわかるわけではありません。しかしながら、日舞を習う前と後とでは見え方が全く違いますね。見たいところ、聞きたいところがあったり、見る、聞くポイントがわかっていたり、だから見る、聞く視点が変わります。だから感じ方もとらえ方も違う。とても有意義な一時を過ごしました。

今日もステキなお舞台、ありがとうございました(*▽*)