今日はめっちゃめっちゃ寒かったですね。
私は一日、お稽古場にいたので分からなかったのですが、名古屋は雪もちらほらしたとか・・・
またこれからが冬本番かな。

さて今日は芝居のお稽古です。
あと一ヶ月、タカシマはまだ芝居の「し」も分かったか分からないか・・・最近やっとなんとなく芝居ってモノがちらっと触れれているようなそんな段階です。
共演させていただく西山さんに今日はいろいろと芝居についてお聞きしました。
その中で一番心に残ったコトは、「芝居で一番してはいけないコトは演技をするコト」。
ホンキで怒り、ホンキで笑い、ホンキで泣く・・・
嘘のヒトであってはいけなくて、ホントにいるヒトじゃなきゃいけない。実際のヒトは多重人格だし、そのヒトの実際の思考回路を掴んで感じなきゃだし、日常でしているコトをそのままする・・・
だから芝居はリラックスして、全てをさらけ出さないと何も始まらないんだ。と・・・
ふと、夏に携わらせてもらった渡辺えりこさんの迫力の所以がここにあったように感じました。

まだまだ公演までに時間はあります。
お客さんに少しでも「結城舞」を感じ、共感してもらえるよう、これから出来ることを一つ一つやっていきたいと思っています。