ん〜と思いなかなか最近足の向かなかった体重計。それを見破ったのかほりべちゃんも心配をしてくれているので今日は体重計に乗りましたよ・・・f^^;
意外に減っていたりするものです・・・みなさんも久々に体重計と仲良くなってみてはいかがですかぁ?(@o@)?

さてさて、9月22日にこのBlogでご報告した、西川さんにご紹介いただいたらなんと昔お世話になったテレビ局の方だった、その方がまたまたタカシマの行く末を案じ、知り合いの俳優さんに相談してくださったのです。
その結果、タカシマはまずはプロデュース公演で単発でお芝居の経験を踏んだ方がいいという結果に至り、その俳優さんをご紹介いただいたのです。
本当に皆さんに愛されているんだなぁと勝手に理解をしながら、しかし本当に本当に心から感謝なのです。
で、今日はその俳優さん、伊沢勉さんにお会いしました。
会って早々、
「これが2月の公演のお話。」
と公演の荒筋を渡してくださって、
「この中の女子大生の役だから。同じくらいの年の子が多いし、雰囲気はいいから大丈夫だよ。」
・・・
え〜。決まりですかぁ?
・・・
と、まぁそうも言えずにお話が進んで行ったのです。
確かに事前にプロフィールは送ってあったものの、正直ビックリでした。
伊沢さん曰く、電話でいい声だと思っていたので後は会った印象だけだったとか・・・
実はタカシマ声が低くて、それで結構もっと高い声出しなさいといわれつづけてきたので、伊沢さんがこの業界でやっていくには声が透りそして低い方が本当は絶対にいいとおっしゃっていただいて本当に嬉しかったのです。

1時間の予定が3時間。演劇のお話や今回の公演のお話、芸能界の世界のお話や脚本のアイディア・・・などなどいっぱいいっぱいお話をいただきました。
演技は「上手いのではなくて魅力」「努力よりセンス」というお話に、タカシマにそれがあるのかないのかが、この世界に向いているかいないかで、そしてそれがあるかないかはやってみないとわからないのです。
だからまずはこの2月の公演を一生懸命打ち込み、やってみようと思っています。

また自分の世界が動いているこの感じをじっくり味わいながら、これから過ごす時間を大切に、一瞬一瞬を一生懸命キラキラと頑張ります!!