今日からのタカシマは、9月2日から中日劇場で行う日本舞踊 西川流の名古屋をどりの舞台裏をお手伝い。
今日も足のかゆみとむくみと戦いながら栄に向いましたぁ。

今日は7時50分集合とあって6時起き。
なんとか遅刻せずに到着し、早速指示に従って楽屋の準備をしました。
しかしながらわからない単語が続出。
オカモチ、アイビキ…
舞台裏は異世界なのです。
先輩方や西川さん皆さんは優しく、楽屋はピリピリな雰囲気もありつつ、穏やかです。今日は舞台稽古とあって、あまり忙しくはなかったですが、タカシマはなかなか空気が読めず苦戦。しかしながら今回一緒に楽屋をお手伝いをしている方は、舞台経験のある方や芸子さん。みなさんの気遣いにはなかなか追いつけず、大変勉強させてもらっています。

これから5日までそして千秋楽の12日と楽屋のお手伝いをさせてもらいます。初日を迎えたらきっともっとピリピリして、忙しくなるだろうと思いますが、出来るだけ多くのことを学び感じ、自分の糧にすると伴に、自分の人生の決めるヒントにしていきたいなぁと意気込んで頑張ります!!