【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。 イメージ画像

2021年01月

実家で夕食を食べた先日のこと。 突然、父が怒って、父の近くでミニカーで遊んでいた三女に言いました。 「うるさい!もぅそれやめて!」 ずっと遊んでいたのに、あまりに突然のことに、三女は明らかに萎縮していました。 私も、よく状況がわからない。 三女に「こっちに
『理不尽な老人とうるさい6歳と「クソババア」』の画像

学研さんから出版されている長女ういの絵本「しょうがっこうがだいすき」が中国語になって、中国で発売をされているそうです。初版1万5千部なんだそうです。 見本を送っていただきました。 学研さんありがとうございます。 中国で日本の小学校の話って通じるのって思った
『「しょうがっこうがだいすき」が中国語になって発売されているそうです。1月19日「めざましテレビ」も再放送の予定!』の画像

平和な三連休。 家にいても、どこにいても、子どもたちは楽しそう。 三女あすが、新聞で一生懸命に作っていたのは剣。 あすは、竈門炭治郎になりたかったみたい。 子どもって、無いものは自分で作り出してしまう。 「なんとかする天才」だと思う。 やるか、やらないかは
『子どもも親も「できないをなんとかする」天才。育児をすると仕事のキャリアアップにつながる。』の画像

誰が、 いつ、 何を言うのか? 改めて、 これって、日常でもとっても大事だなと、最近痛感しています。 父と子ども、母と子ども、それぞれの距離感 (「ディスってるだろ!!」って怒られそうだけど、今日はいっちゃうよ) 子どもに対して、同じことを言っているのに、
『「誰が、いつ、何をいうか?」 父と母、子どもに同じことを言っても結果は違う。』の画像

あけましておめでとうございます。 なんか、年末から2021年どうしようかって、年始に向けてブログを書き始めたんですけど、色々深く考えていたらまとまらなくなりました。 さて、オカビズでは、2020年、コロナ禍で中小事業者のみなさんにとっては大きな打撃な一年。サポー
『2021年は本を出す。』の画像

↑このページのトップヘ