【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

【ちいさな企業の応援days】高嶋舞の子育てとコンサルと。 イメージ画像

2020年11月

先月、 日本テレビ「深イイ話」で密着いただいて、スタッフの皆さんに本当にお世話になりました。 取り上げていただいたことにとても感謝しています。 ただ、我が家の子どもたちは、ただの子どもたちですから。 カメラがあれば、ちょっと張り切るし。 めっちゃシャイな5歳は
『「深イイ話」から学んだ2つの深イイ。「当たり前」と「シンプル」の大事さ』の画像

玄米をもっと美味しく。健康志向が高まる中で、ローソンもついに玄米おにぎり。コロナの中で、より加速してる感ある。やっぱり玄米来てるね。
『LAWSONおにぎり屋さんに玄米シリーズ』の画像

先日、8歳を迎えた次女。 ユニコーンとユニコーンの家を買う おじいちゃん、おばあちゃんからお誕生日にお小遣いをもらったんです。 そこで、彼女は買いたかった「ユニコーン」のぬいぐるみとその家を買いました。 ユニコーンってなんで女の子はあんなに好きなんでしょう
『7歳にとってのお金、「稼いだ」売り上げとお小遣いは明確に違うラベル・価値があるということ。』の画像

先月、発売した玄米シリアル「オン・ザ・玄米」。  >https://wepopshinshiro.jimdofree.com/  >https://wepop.theshop.jp/items/32095092   玄米のみを使用していて、特殊な技術で玄米をはぜさせてプレート(板状)にしたもの。 ちなみに玄米100%で、くっつけるため
『駄菓子・ポン煎餅が、食べて健康をサポートする玄米シリアルになった話/ウイポップ「オン・ザ・玄米」』の画像

↑このページのトップヘ