コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

2019年06月

岡崎市で唯一の宿泊ができる産後ケアハウス「ははのわ」さん。 > http://hahanowa.com/ 本日の中日新聞にどどーーーんっと掲載されています。 女性の産後1年の志望理由の1位は、自殺 今月5日、国立成育医療研究センターが深刻なデータを発表しました。 おととしまで
『岡崎市唯一の宿泊型産後ケアハウス「ははのわ」(しほ助産院)、6月30日中日新聞に掲載へ』の画像

4歳のあす、運動会でした。 あすは、 家ではギャングというよりも超暴れん坊、 外では超絶シャイな4歳。 三女として、 なんとか姉たちに立ち向かおうと、 主張を通そうとすると、言葉よりも手が先に出てしまったり、 または、 とにかく聞く耳持たずに、自分を表現してみた
『自由さいっぱい&型にはまる4歳のチャレンジ2ヶ月半の日々 〜良いところを潰さない子育ての模索〜』の画像

娘たちの宿題やテストを眺めていて、思います。  あっ、  ここが苦手なんだな。 大原則は、 できないことができるようになることが大事。 だから、 宿題で出ている箇所ができないなら、 ぜひ取り組んでもらいたい!!   ↑   私の強い願望。 でも、 大人も子ど
『「ゲーム」 × 「ニンジン」 子どものモチベーションを上げる方法』の画像

先日、 次女6歳が習字教室の宿題をやっていないことに気づき、 大慌てでやっていました。 とにかく、殴り書く!!! 習字なのに、 とにかく、殴り書く!!!!! えっ?! そりゃないでしょ・・・。 それ、 なんの意味もないんじゃない? 手段がゴールになっている。
『殴り書きもOK ?! 宿題の「ゴール」と親の役割』の画像

私  今日は宿題をやる?やらない? 娘  やる。 私  はーい。じゃあ、いつやるの? 娘  あとで。 私  あと何分?何時から? 娘  あと10分後から! 家に帰った時の、 私と子どもたちのやりとり。 私が大事にしているのは、 やるのか、やらないのかは、自分たち
『「今日、宿題はやる?やらない?」』の画像

夕方、 保育園に娘をお迎えに行く。 子どもたちは、 遊んでいたおもちゃを片づけて、玄関に出てくる。 そして、 シューズと靴を履きかえる。 いつものお迎えルーティン。 気長か?せっかちか?! ちょうど、長女が 2歳くらいの頃だったでしょうか。 娘が靴を履いていると
『充実感と自信を作る子育て[せっかちでも子どもペース]』の画像

↑このページのトップヘ