コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。
いろいろ、不器用だけど、日々奮闘。
舞日、舞進です。
長女ういが「しょうがっこうがだいすき」を2018年秋に出版。学研プラスから2019年4月に絵本化。

コンサルタント@子育て中 高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

2017年12月

今年4月からOKa-Bizプロジェクトにパートタイムで参画してくれている武田さん。 この9ヶ月で、私、仕事の仕方をたくさん学ばせてもらっています。 その大きな一つ、「頼み上手」なこと。 子育てをしながら社会復帰をすると、どうしても時間に限りができてくる。 でも、 その
『働く女子が身に付けたい「頼み力」。5つのポイント。』の画像

そう、今年の年越しは、 「年越しそば」ではなく、「年越し焼そば」にしましょ!! 家族で仲良く新年を迎えるのに、ひと役買います!  >> アイデンティティ名古屋     http://nagoya.identity.city/hekinann_toshikoshiyakisoba/ 年越し焼きそばのいいところ。
『大晦日は、紅白で安室ちゃん、桑田佳祐さんを見ながら「年越し焼そば」を食べよう!【年越し革命キャンペーン】』の画像

先日も、朝からやられました。 朝起きてから、三女の理不尽砲が炸裂。 三女:パン、そのまま食べる。 私 :焼かないの? 三女:焼かない。 私 ;はい、どうぞ。(焼かずに差し出す) 三女:焼くの!!!! 私 :・・・。(あ〜、そのままは、何も塗らないってことだな。
『喧嘩三昧の日々にイライラする私が、子どもにハッとさせられた一言。』の画像

OKa-Bizでの起業サポートで、強みを引き出してブランディングのお手伝いをしているデコポットアーティストshocoさん。 > http://takashima.blog.jp/archives/54788395.html 「しめ縄デコポット」が、今日のCBCイッポウにも登場しました!! そして、アイデンティティ名
『岡崎の産品「しめ縄」のデコ鉢、CBCイッポウに登場です!!』の画像

デデンっ!! 年末だからこそ、花火ドラゴンで、2017年の邪気を払って、より良い年を迎える! 純国産花火8種類「邪気払いセット」 もちろん、あのドラゴンを生み出す創業89年の株式会社太田煙火製造所さんから。 花火は邪気払いに最適 花火は、神事によく使われ、火の粉
『年末こそ、あの花火「ドラゴン」で、邪気払い! 2018年はより良い一年になりますように!!』の画像

日本で唯一のデコポットアーティスト・shocoさん。 ででーーーーーーーっん!! このお正月に向けて、 しめ縄デコポット!! 発表です。 そして、門松と一緒になると、 多肉と、もう、このそれぞれが主張しているのに、 なぜかバランス取れてて、可愛い。 なんともなんと
『しめ縄がデコされた鉢がオシャレ?! 人気上昇中の日本で唯一デコポットアーティストshocoが「しめ縄デコポット」期間限定発売!』の画像

なんと!なんと!!! ローズウィンドウondeの内水さんのデザインが、ボジョレーのラベルに採用されました!!!!! 日本の出版社の目にとまり、懇願され、フランスでの審査に通るという実力です。 もう驚きとともに、 勝手に我がことのように、とっても興奮し、感激です
『アート女子にムーブメントを起こす!ローズウィンドウ・ブームの立役者・内水さんのデザインがボジョレヌーボーのラベルになりました〜!!』の画像

今日、長女・小学1年生は、算数検定を受けに行きました。 いつもと教室が違うこともあり、 「わからないから付いてきて!」と。 教室にたどり着けないといけないと思い、さすがの私も学校の玄関まで一緒に行きました。 後で娘がボソッと、 「他のお母さんたちは後ろで待って
『やる気スイッチをどう押すか?子どもの強みを伸ばすために出来ることを模索中。』の画像

今日のOKa-Biz、午前は9件の相談が同時並行に進みました。 大盛況!! そして、午後は、f-Biz小出氏をお招きし、そして各ビズのセンター長にお越しをいただいた研修会でした。 小さな差でも、大きな結果の差を産む 小出さんのフィードバックを伺いながら、 大変な師匠を
『惜しいシュートでは勝てない、意味ない。小さな差が、しかし結果の大きな差につながるということ。』の画像

↑このページのトップヘ