子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」

ちいさな企業の応援団。岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizの副センター長。
3児の母・ワーママのコンサルタントとして、小出宗昭氏に師事し、f-Biz型の地方中小企業の売り上げアップ支援を行う。地方中小企業における女性活躍の現場も数多く見てきています。
平成27年度内閣府「女性のチャレンジ支援賞」受賞。
バリキャリでもない、ゆるキャリでもない、仕事も子育てもどちらも欲張る新しい女性の働き方を目指して。舞日、舞進です。

子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」 イメージ画像

2017年10月

斜陽産業だから… もう需要がないから… ライフスタイルの変化が… 市場が小さくなっているから… ・・・ そんなことを言い訳にしない、チャレンジし続ける小さな企業が、地域にはたくさんあります。 岐阜を代表するイノベーションを起こし続ける2社 創業から若干74年、社
『【11月9日】2億3000万稼ぐ升屋。年間100件メディアに出る醤油蔵。言い訳しない、イノベーションを起こし続けるコツ』の画像

秋は、お菓子の新商品が多いんじゃないか?! って、コンビニをフラフラしながら思う今日この頃。 最近、ふと、 そうか、小出さんが言って、「情報が生きた知識に変わる」って、こういうことか!! と、実感したのです。 今頃感あります ^^; すみません、出来の悪い弟
『ローマは1日にして成らず。コンビニをフラリーマンでビジネスセンスが磨かれる!!』の画像

OKa-Bizで勤務していると、本当にいろんな企業さんに出会えます。 その一つ、土の試験を行う会社、岡崎土質試験所さん。 いつもお越しいただくのは、朝倉さん。 またこの朝倉さんが、豪快でポジティブ、とっても気持ちいい!! 毎回、めっちゃ、大好きです!! ドボジョが活
『ドボジョ(土木女子)4割・シニア2割の活躍で売上成長!シングルマザーこそ積極的に採用せよ!!【岡崎土質試験所】』の画像

クリーンパック鋤柄商店さんの、 リユース缶「CAN ECO(カネコ)」を活用することで、 企業の容器コストの最大60%の削減・環境負荷の最大50%削減を支援する事業が、 ドドンと、中部経済新聞に掲載されました! 固定概念を切り崩す戦略 リユース缶と聞くと、中古でしょっ
『固定概念をひっくり返すネーミングで一発逆転戦略!リユース缶「CAN ECO(カネコ)」で企業と地球を救う!最大60%のコスト・50%の環境負荷削減へ。』の画像

我が家の車に、新しい窓がついてから、1週間。  > http://takashima.blog.jp/archives/54774026.html なんと、 なんと、 なんと!!!!! また 新しい窓? いや、羽? いや、ん???? つきました。 はい。 発見!!もう驚きません、何があっても。 朝、出かけ際
『【割れ窓理論 VS 532回理論】我が家に新しい窓は532個つくのか?』の画像

ホリエモンさんのツイートが、大変話題を呼んでいます。 ご自身が保育士であり、かつ保育園を複数経営されている NPO法人フローレンスの駒崎さんは、『保育士は「誰でもできる仕事」か』と題して、 なぜ保育士の給与が上がりづらいのか?を説明されています。 https://news
『ホリエモン「保育士は誰でもできる」状態は、平等という名の子どもも保育士も不在の行政の勝手。今こそ行政は金ではなく、知恵を!』の画像

大垣市、釧路市、人吉市でもセンターを開設 大垣市、釧路市、人吉市は、それぞれが抱える経済の衰退や人口減少、高齢化、後継者不足などの課題を解決し、中小企業の再生や創業支援を通じて地域活性化を図るため、f-Bizモデルの「中小企業相談所」の新規開設に取り組みます!

中古で我が家に来て2年半。 今朝、 我が家のその車に、新しい窓が作られましたw エスティマのフルモデルチェンジがささやかれる中で、 新しいモデルの提案なんじゃないかって思うくらい斬新。 そして、この車人生にとっても衝撃的な出来事だったと思います。 事件発生・発
『我が家の車に新しい窓がつきました<親修行>【感性を大事にしつつルールを伝える方法】』の画像

「地域活性化」は時に人を勘違いさせる、 と、私は思う。 ボランティアなんかでやり始めたことは、 時に疎まれることもあるけど、 よく期待をいただいたり、歓迎されることも多い。 特に、若者で、よそ者だったりすると。  「若いのに、街のために偉いね」って。 チヤホ

ベリーダンス教室を主宰する、 素敵な雰囲気を醸し出すひとみさん。 そして、毎回、 そのストレートで軽快な喋りがさらに魅力的!! 難しいベリーダンスもプライベートレッスンなら続けられるはず ベリーダンス教室を始めたのは2015年。 もともとダンスをしていたひとみさ
『「女を思い出して!」50代からのベリーダンスで『踊る脳トレ&アンチエイジング』』の画像

子育てって、「過酷な修行」じゃないかと思う毎日です。 毎日、毎日「理不尽」。 もう7年半も続けてきたことに、 「よくやってる自分。」 自分で褒めたくなっちゃう。気分です。 子どもは理不尽な生き物 昨日、10月4日は「天使の日」。 我が家の天使は、3人。 だいたい3人
『育児とは9割の理不尽に耐える修行と1割のご褒美みたいなもので成り立っていると思う』の画像

↑このページのトップヘ